しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

どうぶつさいばん ライオンのしごと」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

どうぶつさいばん ライオンのしごと 作:竹田津 実
絵:あべ 弘士
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2004年08月
ISBN:9784033313603
評価スコア 4.72
評価ランキング 1,039
みんなの声 総数 38
「どうぶつさいばん ライオンのしごと」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • アカデミック

    獣医師である竹田津さんと、動物園で働いていたあべさんならではの
    アカデミックな絵本だなあって思いました。
    物語でありながら、弱肉強食の世界がどうやってなりたっているのか
    それにはどんな利点(影響?)があるのかということを子どもにも
    わかるように描かれていました。
    私は大人ですけれど、そんなこと、考えたこともなかったのです。
    勉強になりました。
    娘はまだまだ難しい自然界の仕組みについてはそれほど考えること
    もないので、勉強になった、というのではなく、次々と登場する動物達が
    いろんなことを語るのが楽しかったようです。

    掲載日:2014/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 納得

    群れで暮らす動物達を守るための「ライオンの仕事」。
    医師が居ない自然界での「ライオンの役割」に納得しました。
    7歳の息子に理解できるかどうかと迷いましたが、
    「いいお話だね」と言って、毎日「読んで」と持ってきました。

    掲載日:2009/11/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自然界の微妙なバランス

    親を殺されたヌーの子どもと、ヌーを食べたライオンの裁判のお話。
    いろんな動物の証言が出てきます。
    7歳の息子には、内容的に少しむずかしかったかな。
    読んでいる私のほうが、なるほど〜の納得でした。
    自然界は、微妙なバランスで成り立っているというのが実によくわかる。
    ヌーを食べるライオン。それだけ考えると見かけは悪者ですが、ライオンにはライオンの役割がちゃんとある。
    自然を破壊すること、無造作に操作することがどれほど影響を与えるのか、がよくわかる絵本です。小学3、4年生むきではないでしょうか?

    掲載日:2009/09/14

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「どうぶつさいばん ライオンのしごと」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

ぐりとぐら / はじめてのおつかい / きんぎょがにげた / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



たたかえ!じんるいのために!

みんなの声(38人)

絵本の評価(4.72)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット