なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

どうぶつさいばん ライオンのしごと」 大人が読んだ みんなの声

どうぶつさいばん ライオンのしごと 作:竹田津 実
絵:あべ 弘士
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2004年08月
ISBN:9784033313603
評価スコア 4.72
評価ランキング 1,039
みんなの声 総数 38
「どうぶつさいばん ライオンのしごと」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大切なことを知りました

    アフリカの草原での出来事。
    ヌーの子どもが、母親が食べられて、ライオンを訴え、裁判が始まりました。どちらにも言い分があり、そして、弁護士も登場して、それぞれの立場で話をします。自然の中でのできごとには、きちんとした意味があることを改めて知ることができました。
    色々な動物たちが、様々な表現で描かれています。その特徴が、筆のタッチや、色の遣い方等、わかりやすく伝わります。
    動物とかかわる仕事に長く就かれていたあべ弘士さんならではの表現だと思います。

    掲載日:2015/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自然界の節理はすごい

    アフリカのタンザニアの動物たちのお話し

    コビエの丘のイチジクの木は草原に住む動物たちのことをずっと昔から知っている
    お話しのはじまりです  
    なんだかすごく心惹かれる書き出しです

    そして お話しが始まりました   ライオンがヌーのお母さんを殺したのです
    「さいばんだー」 お話しが展開しました
    ハイラックス(イワダヌキ) 裁判長おもしろいな〜
    裁判が始まり ヌーの子どもは涙を流して悲しんでいるのですが
    ライオンは 「ヌーが殺してほしいと言った」
    このあと弁護士 証人の言い分がなかなかおもしろいのです
    動物たちの掟があって  子孫を繁栄させるために 病気になった動物は食べられるのです

    年とったヌーはお母さんが死んで悲しんでいるこどものヌーに
    「わたしは なかまをまもることが いちばんたいせつです ・・・・
    ヌーのお母さんは病気になり、ライオンに殺してくれと言ったのでしょう」
    ライオンの仕事は 草原の動物たちを守ること 
    病気の動物を見つけ出し 誰かが殺してやる  この仕事をライオンがしているのです
    裁判の判決は無罪でした
    動物たちの裁判はなかなか 民主的で 理にかなったすばらしい裁判だと思いました

    「親をなくしたヌーの子どもの気持ちは、 みんな分かってあげましょう 終わります」
    なんて すばらしい裁判の判決でしょう

    動物たちのルールは 子孫繁栄のために守られているのがすごいな〜
    人間も見習うべきことがあると思いました

    掲載日:2013/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 言葉は難しくないけど、難しいこといってます

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    あべ弘士さんの描く動物たちはどの作品を見ても、とても個性的で印象的です。
    今回の絵本も表紙絵がすごくよかったです。
    裏表紙のサバンナの笑顔も絵の絵に2センチ程被って作られていたのですが、
    この、対峙するヤギとライオンの姿の脇にサバンナの青い空がちょっとだけ見えている。というのは、どんなことを思ってこうされたのかとても気になります。

    作者の竹田津実という方はだれだろうと、作者紹介のところを読んでみました。
    なんと!元・獣医師のかたでした!!しかも「子ぎつねヘレン」の著者でした!!
    なるほど……。
    使っている言葉は難しくはないのですが、
    内容は自然の摂理を解いていて結構難しいことをいっているなと、思いました。
    なので、この作品をお薦めするとしたら小学校高学年以上、中・高生のお子さんたちです。

    掲載日:2012/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • あべさん

    あべさんの作品だったのでこの絵本を選びました。力強い赤色を使った表紙が気に入りました。様々な種類の動物が登場するのが圧巻でした。主人公達の特徴をしっかり捉えて描いているのはさすがあべさんだなと思いました。この絵本を読む事で自然の中で起こるさまざまな事を知れるのが良いと思いました。タンザニアの草原に行ってみたくなりました。

    掲載日:2010/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大自然の摂理

    • たまっこママさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 女の子14歳、女の子12歳、女の子7歳

    動物裁判だなんて発想が面白いなと思い読んでみました。
    裁判官も弁護士も出てきて本格的です。
    訴えたのは、おかあさんをライオンに殺されたヌーの子供
    被告は勿論、ライオンです。
    ライオンは『ヌーが殺してくれと言ったから殺したんだ』と
    主張します。
    始めは、そんなわけないと思って読んでいましたが、
    読み進むうち大自然の摂理がわかってきて、なるほど〜と
    考えさせられました。
    小さなお子さんには少し難しい言葉もでてくるので小学校の高学年の方にお薦めです。

    掲載日:2008/04/26

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「どうぶつさいばん ライオンのしごと」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

ぐりとぐら / はじめてのおつかい / きんぎょがにげた / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(38人)

絵本の評価(4.72)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット