モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

はろるどのふしぎなぼうけん」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

はろるどのふしぎなぼうけん 作・絵:クロケット・ジョンソン
訳:岸田 衿子
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
本体価格:\854+税
発行日:1987年3月31日
ISBN:9784579402441
評価スコア 4.41
評価ランキング 8,521
みんなの声 総数 21
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 本当に不思議な冒険だ〜!

    • ぼのさん
    • 40代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子14歳、女の子12歳、女の子7歳

    ずいぶん前に古本屋さんでGETしたのに、読む機会がなく、本棚に眠っていました〜(苦笑)。

    び、びっくりです!
    想像以上に、おもしろかった〜♪
    バレーの練習で疲れて眠そうだった次女が、途中から、しゃっきり起き、身を乗り出してくるくらい、おもしろかったです☆(読んでる私自身も・・・。)

    どう見ても、赤ちゃんに毛が生えたような男の子=はろるどが、かべにシンプルな絵を描いていくのですが・・・いつの間にか、絵の中を冒険してるんです!
    その冒険というのが、なんだかとっても不思議で、ユニーク。
    遠近法なんか使うから、はろるどが巨人になったり、小人になったり・・・。

    今まで、ありそうでなかった表現力?!うまく説明できないのがもどかしいです〜(苦笑)。
    ぜひ、皆さんも、この絵本を手に取って、不思議な冒険の世界に行ってみてください♪

    どうやったら家へ帰れるか?小石にこしかけて、考え出した答えに、次女も私も大笑い!

    子どもにもウケルけど、実はすご〜く哲学的で、大人にも色々考えさせられる不思議な絵本でしたよ〜!

    掲載日:2008/04/21

    参考になりました
    感謝
    2
  • 思いのまま!

    「かべに えを かきたくなった」
    線を描き、家を描き、町を描き…、思いつくままに絵は広がっていきます。
    絵なんだけど、描いたものにのぼったりおりたり、飛んでくるものを避けたり。
    描くものだって、大きさだって、思いのまま、気に入らなければ取消し。
    そこは、自分だけの世界。上手いも下手も関係なし。
    ただ絵を描く、それだけなので、誰でも楽しめる世界ですよね!
    はろるどになってみようかな…。

    読み終わったら、絵が描きたくなる。
    そんなお話です!

    掲載日:2013/08/30

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「はろるどのふしぎなぼうけん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / はじめてのおつかい / からすのパンやさん / うずらちゃんのかくれんぼ / こんとあき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.41)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット