十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

ぷちぷち」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

ぷちぷち 作・絵:ひろかわ さえこ
出版社:アリス館 アリス館の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2000年06月
ISBN:9784752001669
評価スコア 4.32
評価ランキング 12,910
みんなの声 総数 30
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 表情が可愛い

    くりくり ぷちぷち に続く三冊目。
    繰り返しの言葉を楽しむ絵本です。
    豆のぷちぷちがぽーんとはじけるところから始まります。
    娘はかえるさんがぷちぷちをぺろぺろとなめ、ぷちぷちのくすぐったい表情がどんどん変化していくページが大好きです。
    同じことをしながら楽しく言葉遊びをしています。
    ラストのページでプチプチから芽が出ます。「うまれた〜」と、うきうきするラストも娘は大好きです。

    掲載日:2010/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 声に出すと楽しい

    言葉遊びの本で、リズミカルなに読み進めていけるので、親の方も楽しい気分になれます。
    文章の長さも、子どもが飽きないくらいの量で、毎日のように読んでます。
    絵のかわいさといい、リズム感といい、1、2歳からでも楽しめると思います。
    わが子は3歳になり、ちょうど文字に興味が出てきた時期で、これはなんていう字?と聞きながら、読んで(ただ単に暗記しているだけだと思いますが)います。
    文字と絵がわかりやすく連動しているので、すぐに覚えちゃうのでしょうね。

    掲載日:2010/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ころころころころころころ・・・

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    ぷちっとお豆が開く音からお豆が飛び出し転がっていく様子が音だけで表現されています。
    お豆が転がり、色んなところへ行くのですが、音と絵だけでも十分様子が伝わってくるんですね〜!
    語感だけの絵本は何度も読んでいますが、イマイチ状況がわからなかったりで頭に「?」を残したまま終わるのが多かったのですが、この絵本はちゃんとストーリーがあります。
    なのでとっても読みやすい!^^

    掲載日:2008/11/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 豆の音の表現が面白い

    • しずピヨさん
    • 20代
    • ママ
    • 三重県
    • 女の子3歳、女の子0歳

    豆が鞘から出ていろいろ冒険をして、最後に発芽する内容ですが、その表現が豆らしいと言うかぴったりな、音です。絵もかわいらしくて子供も、表紙を見て気に入ったようです。
    私が読んでいると、後から同じ言葉を真似して読んでくれます。赤ちゃん向けの絵本ですが、赤ちゃんの時期は言葉が楽しめると思います。うちは、3歳の娘ですが3歳になると絵と言葉の意味が理解できるようになるので、また違った意味で楽しめると思います。

    掲載日:2008/06/28

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぷちぷち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / いないいないばあ / だるまさんが / バムとケロのさむいあさ / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



葉祥明さんの描く不朽の名作

みんなの声(30人)

絵本の評価(4.32)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット