十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

ちいさなたまねぎさん」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

ちいさなたまねぎさん 作・絵:せな けいこ
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1977年
ISBN:9784323001890
評価スコア 4.57
評価ランキング 3,977
みんなの声 総数 80
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ねずみが悪者のの絵本

    ねずみが主役の絵本も多いですが
    この絵本では完全に悪者です
    台所が舞台で
    野菜や台所用品がみんなで悪者のねずみをやっつけるお話です
    真っ黒なバックにねずみが登場するシーンは
    大人でもゾッとします
    最後はたまねぎさんの活躍でみごと退治!

    掲載日:2015/06/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • キャベツさんの包帯

    久しぶりに読んだせなけいこさんの絵本です。せなけいこさん=赤ちゃん絵本というイメージが強くて、3歳の長女はもう卒業かななんて思っていたのですが、全く違いました!

    台所で、たまねぎさんやじゃがいもさん、にんじんさん、そしてフライパンやお皿などの調理器具たちが、一匹のねずみと戦うお話です。
    実際の世界ではこのようなことはないわけですが、子供の頭の中では自然と繰り広げられていることなんだなと思います。それくらい長女はすんなりと読んでいました。
    頭をかじられたじゃがいもさんに、キャベツさんが自分の葉っぱを「包帯」としてあげていたのがかわいらしいです。

    掲載日:2015/03/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • わるいねずみ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    台所に出てお野菜たちを狙うわるいねずみ。
    ねずみは小さくて弱者なイメージですが、ここでは強者ですね。
    実際、私も台所でねずみに遭遇したら強敵扱いでしょう(幸いねずみが出てきたことはありませんが)。
    お話のラストがちょっと唐突に終わる感じが少ししました。もう1ページかもうひとことあって余韻があるともっと良かったかな。

    掲載日:2014/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さな玉ねぎさんが頑張ります

    • みゅーけさん
    • 30代
    • ママ
    • その他
    • 男の子7歳、女の子3歳

    息子に3歳の時に読み聞かせしました。
    お友達にいただいた絵本ですが読んでいるうちに私も幼稚園の時に読んだ事を思い出しました。

    野菜やお鍋などが夜中に台所に来るネズミさんと戦うのですがみんなそれぞれ頑張ります。
    絵も切り絵?のような少し立体的でそれぞれが可愛らしく描かれていて素敵な絵本です。
    お話も短いので幼稚園生くらいの子供がいる方にオススメです。

    掲載日:2013/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • たまねぎさん強いね!

    • たかまなさん
    • 30代
    • ママ
    • 岩手県
    • 女の子3歳、女の子0歳

    ねずみを退治するやり取りを真剣になってみています。
    娘の苦手な野菜の人参が、青ざめるシーンは衝撃的だったようです。

    掲載日:2012/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 身近なもの

    • EMRHさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子3歳、男の子0歳

    身近な野菜が出てくるので子供にはわかりやすくて、うちの子も喜んでみていました。
    ごく普通の台所でのお話です。
    ジャガイモさんがキャベツの包帯を巻いているところが特に子供はお気に入りのようです。

    掲載日:2011/10/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 脇役たまねぎが頑張る

    悪いねずみをみんなでやっつける話ですが、フライパンやお皿も歯が立ちません。が、たまねぎが勇敢に立ち向かうんです。こんな風に悪者に立ち向かうのはすごいなって純粋に思いました。料理ではいつも脇役なのに主役です。
    ねずみと戦う場面でにんじんが突然真っ青になるんです。この気持ちよくわかる!読んでいたこちらも「がぶり」ってところでかなり驚きました。この驚きをにんじんの色で表現されているのがすばらしい♪名作だと思います。

    掲載日:2010/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 食育にも!

    食育にも役立つかもしれません。
    ねずみにかじられちゃったじゃがいもさんの敵討ちを
    みんなでする物語です。
    たまねぎを切った時の汁は目にしみますが
    それでねずみをやっつけちゃうんですから
    ナルホドと思いました。
    じゃがいもの傷をふさぐのに
    きゃべつが湿布というか包帯の役目をしていましたが
    これもなにかあるのでしょうか?
    調べたら、胃腸薬キャベジンはキャベツに含まれるビタミンUを利用している
    ということでしたが、関係あるんでしょうかね??

    掲載日:2010/06/22

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ちいさなたまねぎさん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / おでかけのまえに / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(80人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット