ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ぼんさいじいさま」 大人が読んだ みんなの声

ぼんさいじいさま 作・絵:木葉井 悦子
出版社:ビリケン出版
本体価格:\1,600+税
発行日:2004年04月
ISBN:9784939029325
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,151
みんなの声 総数 14
「ぼんさいじいさま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 背筋がすっと伸びるおはなし。

    • ちゅら。さん
    • 40代
    • その他の方
    • 千葉県
    • 男の子15歳、

    ぼんさいが大好きな、ぼんさいじいさま。

    心優しいぼんさいじいさまの庭には、じいさまに助けられ、可愛がってもらっている生きものがたくさんいます。
    とても居心地の良さそうな庭です。

    ある春の日、満開になったしだれ桜の盆栽にひいらぎの冠を被ったひいらぎ少年が「お迎え」に現れました。

    「きょうのことは ずーっとまえからきまっていたこと」と。

    ぼんさいじいさまは、大好きなたばこを一服。
    しだれ桜の枝にちょっとさわり、背筋をすっと伸ばして出かけます。
    庭の生きものたちは、大好きなぼんじいさまにお礼とお別れを告げます。

    ゆっくり、温かなお話しです。
    一歩一歩、大切に時を刻んでいます。

    春風にさらわれる桜の花びらのように、いくべき時に、誘われるままいくべきところへいく。

    実直に、まっすぐ生きていきたい、と思う絵本でした。

    掲載日:2012/04/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • 「盆栽」かぁ〜
    いいねぇ〜
    と、何も考えずに図書館から借りてきました

    思わぬ展開に
    えっ!?

    とっても、びっくりです

    おじいさんの落ち着き
    動物達の見送り

    今までのおじいさんの日々の生活の様子
    そのままに
    そのままで、最期を自然に迎え
    お別れをしています
    自然を愛する人だからこその
    最期だと思われます

    カバーにある
    児童文学評論家 西本鶏介氏の

    「善なる魂の永遠に生き得る世界」

    等の文章に
    なるほど・・・
    と、頷いてしまいます

    素敵な作品です

    こどもは、どんな風に感じるのでしょうか
    「死」について考える時にも
    素敵な題材かと思えます

    終活が話題の今
    元気な年配者にもいいのかもしれません

    これは、買わないと・・・(^^ゞ

    掲載日:2014/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 死と向き合うとき

    • はしのさん
    • 40代
    • パパ
    • 神奈川県
    • 男の子15歳、女の子13歳

    美しい絵本です。
    盆栽の、満開のさくらの木の脇に立つ、ぼんさいじいさまが描かれている表紙を見るだけで、心が和み、安らいでいくような気がします。

    細いペンで引かれた黒い線のうえに、(おそらく)水彩で淡く彩色されていて、動物たちと穏やかに暮らしている、ぼんさいじいさまの生活を見事に表現しています。

    そんな平穏な生活を送っているじいさまのところへ、ひいらぎ少年がやってきます。そして、こういうのです。

     「ぼんさいじいさま、お迎えにきました」

     「じいさま、きょうのことは、ずーっと前からきまっていました」

    すると、じいさまは、たばこをいっぷくすると、「じゃあ、でかけようか」と背筋をのばして答えるのです。
    じいさまは、自分の人生に満足し、生き切ったと思っているのだと思います。

    お別れのあいさつをしにやってきた、じいさまにかわいがられた動物たちに見送られ、じいさまとひいらぎ少年は、桜の花びらが散るなか、かぜのむこうにきえていきます。

    でも、そのうしろ姿は決して寂しいものものではなく、しあわせな世界へ旅立っていくかのように見えます。

    ひいらぎは、古くから、邪鬼の侵入を防ぐ魔除けとして庭木に使われてきたそうです。じいさまもひいらぎ少年に守られ、無事にしあわせな世界へ到着することができるでしょう。

    この絵本には、「死」という言葉はでてきません。
    死というものは、幼い子どもにはわかりずらいものです。また、なぜ死んでしまうのかと理不尽に思うこともあるでしょう。
    そんなときに、この絵本を読んであげたら良いかもしれません。

    掲載日:2010/07/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 死ぬのってこわくないんだ

    泣きました。
    出会いは、読み聞かせの現場で、意表をつかれました。
    ちょうど祖母がなくなってもうすぐ3回忌というときで、
    ああ、こういうふうに亡くなったのなら、
    それはとてもうれしいことだなと思って泣きました。
    この絵本は、お葬式や、法事のときに
    参列者に配ったりしてもオツだと思います。
    せめて、身内で悲しみ過ぎないように、
    とくにお年寄りがなくなったときなんか、
    これを読み聞かせして、
    出棺なんて、すばらしい演出だと思います。
    私がおばあちゃんになったら、
    私のところにもひいらぎ少年がきてくれるかな。

    掲載日:2009/02/09

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ぼんさいじいさま」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / おかえし / うみへいくピン・ポン・バス / がたん ごとん がたん ごとん / ちょっとだけ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 2
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 4

全ページためしよみ
年齢別絵本セット