ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

マドレンカのいぬ」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

マドレンカのいぬ 作・絵:ピーター・シス
訳:松田 素子
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:2004年04月
ISBN:9784776400516
評価スコア 4.4
評価ランキング 8,683
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 前作よりもちょっとカラフルに!

    • ハリボーさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子8歳、女の子5歳

    前作の「マドレンカ」のとても幻想的な絵と、いろいろな国々の人々が出てくるお話がとても良かったので、
    こちらのお話も期待して手に取りました。表紙の絵が、前作よりカラフルになっていて、ますます期待が
    膨らみます!

    犬がほしいマドレンカは、空想上の犬を連れて街にお散歩にでかけます。街の人々は、前作同様、温かく
    マドレンカに話しかけてくれます。そして、その人々の持っているものの中に、それぞれしかけがあり、
    そこを開くと、その人が子どもだった頃(マドレンカと同じ年位かな)の絵と、自分が想像する犬の絵が
    描かれています。とても憎い演出!!

    最後に、友達のクレオパトラと二人で、お互いの空想上の犬を連れて、世界中を旅するごっこも、とっても
    楽しそう!子どもの頃の気持ちに戻って、胸が弾みます。

    もちろん、一緒に読んでいた娘も、しかけを楽しみながら、私ならこの犬がいいなぁと想像を膨らませて
    楽しんでいました。

    掲載日:2012/03/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 想像力をかきたてる

    犬が欲しくてたまらないマドレンカのイマジネーションの世界。
    マドレンカは赤いリードを持っていますが
    その先には目が見えない犬がいるようです。
    町で会う人がそれぞれワンちゃんの様子を語ってくれます。
    周囲の人たちも想像力が豊か。
    マドレンカに話し掛ける人たちには
    それぞれ小さな小窓のしかけ部分がつけられていて
    娘はわくわくしながら小窓をめくっています。
    後半でお友達のクレオパトラと出会ってからは
    妄想がヒートアップ!不思議な感じはするけれど
    子供には楽しいようでした。

    掲載日:2008/10/28

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「マドレンカのいぬ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット