だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

かえるをのんだととさん」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

かえるをのんだととさん 作:日野 十成
絵:斉藤 隆夫
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2008年01月
ISBN:9784834023053
評価スコア 4.86
評価ランキング 51
みんなの声 総数 128
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おもしろい

    • ameさん
    • 20代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子2歳

    かえるから始まり、次々といろんなものを飲み込んでいくお話です。

    「絶対無理でしょ」というものまで飲み込んで、「最後はどうやって終わるの?」と大の大人ですがワクワクしました。

    他の昔話の残酷さには「生きるか死ぬか」が関わっていて仕方のない場合が多いですが、
    この絵本は残酷を残酷と思わせないほどの身勝手ぶりです。

    あまりの不条理故、引っかかる部分はないとは言い切れませんが、
    ととさんの必死さと、飲み込む事に対する迷いのなさに騙されてみると内容は文句なしに面白いです。

    ただ娘はきじまでは「え〜?」と言いながらニコニコ聞いていましたが、猟師で唖然としたのち神妙な面持ちへと変わってしまいました。

    読み聞かせを続行するか迷いながら一度は最後まで読みましたが、もう少し大きくなるまで寝かせておこうと思います。

    掲載日:2013/04/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 節分に

    節分の季節ということで、読んでみました。

    最近「おに」が大好き(大嫌い?)な息子は、真剣な顔をして聞いていました。ととさん、かかさんという言葉に馴染みがなくて、ぴんとこなかった様子も少しありましたが、次々と現れる登場人物たちを楽しんでいました。

    最後に鬼が出てきて、退治されたことで満足していましたが、どうもお尻の穴から出て行ったというオチは分かっていなかったようです。口から食べたものがどうなるか、息子はまだわかっていないかもしれません。簡単な話のように思っていましたが、節分の習慣や、体のしくみが分かっていない子に理解させるのは難しいですね。

    掲載日:2011/02/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「おしょうさまに 聞きなされ」

    「おしょうさまに 聞きなされ」のかかさんの言葉がとても面白く響き

    ました。ととさんも和尚さまの言葉通りに実行するので、お腹の中は

    どうなっているのか驚きっぱなしで、笑えたりしてすみません。

    かかさんも心配しているとは思いましたが、和尚様にお聞きすれば間違

    いないと尊敬してるからのことでしょう・・・・・

    ととさんのお尻の穴から鬼が飛び出してきて、いかにも日本の昔話らし

    くハッピーエンドには大満足な私でした。

    何事もなかったように囲炉裏で食事する二人の姿が可笑しかったです。

    節分の時期には、もう一度読みたい絵本です。

    掲載日:2010/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 節分の季節にオススメ

    絵の雰囲気も好みだし、ブラックなストーリーもなかなか!
    鬼が主役とか悪役として描かれているわけではないけど、
    節分の季節にオススメです。

    ところで、ととさんに飲み込まれた猟師・・。
    腹の中でさらっと鬼にも食われ・・・。
    彼のことがかわいそうでしようがない・・。

    掲載日:2009/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 物語にぐいぐい引き込まれる

    評判が良かったので、図書館で借りて読みました。
    昔話なので、言い慣れない言い回しが多く、2歳の娘には噛み砕いてよんであげました。
    オチをオチとして理解できているかはわかりませんが、聞き入っていました。
    もう少し大きくなってからのほうが、言い回しやオチなどもっともっと楽しめるのではないかなと思います。

    母親の私は、とと(父)さんおしょうさまの掛け合いがすっとんきょうで、ありえないんだけど、ぐいぐい引き込まれてしまい、とても楽しい話だと思います。

    節分の読み聞かせにも、他の節分絵本に無い独特な切り口で新鮮だと思います。

    掲載日:2009/10/19

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「かえるをのんだととさん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。
  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

全ページためしよみ
年齢別絵本セット