ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

かえるをのんだととさん」 11歳のお子さんに読んだ みんなの声

かえるをのんだととさん 作:日野 十成
絵:斉藤 隆夫
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2008年01月
ISBN:9784834023053
評価スコア 4.86
評価ランキング 51
みんなの声 総数 128
  • この絵本のレビューを書く

11歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 運転中の夫は落語感覚で

     皆さんの評価も高いので、一度読みたいと思っていた一冊です。
     図書館で、やっと借りられ「あっ、これヘビのところでやめちゃった絵本だ。」と思い出しました。
     今回は、気を入れて読みました。
     もはや感性の曇っている私には、へんな想像力が邪魔をして先へ進めなかった作品でしたが、やはり楽しい昔話でした。
     
     ととさんのかかさんだのみの気弱さ。かかさんの和尚様信仰。この繰り返しだけでも笑えますが、飲んだものの違和感をあらわす擬態語が楽しいです。そして、こちらも飲んだらそんな感じがすると思えてくるからさらに楽しいんですね。
     飲むものが、じゃんじゃんエスカレートしていって、『どうなるの?』と読者を本当に最後まで惹き付けます。

     これは、節分の季節にぴったりかもしれませんね。
     車で移動中、息子に読みましたら、運転中の夫にもうけました。
     落語感覚で、夫は楽しんでいたようです。

    掲載日:2009/09/24

    参考になりました
    感謝
    3
  • 小学校での読み聞かせ

    まず、自宅で5歳と7歳の子に読んだ感想。
    昔話特有の古い言い回しも少しありますが、分かり易くて意味も大体伝わった様です。
    展開がテンポ良く、あっという間に本の世界に引きずりこまれた模様。
    「かかさんや〜」「和尚様に聞きなはれ」と繰り返す度、ゲラゲラ笑っていました。
    このノリと言い、展開と言い、関西人の私達親子にはたまらなく面白いです!
    淡々と読むのも良かったのですが、落語みたいに表情や間の取り方を工夫すると、それもまた楽しかったみたいです。
    最後の方は「かかさ…」「和尚様に聞きなはれ〜」と被せ気味に読んでました(笑)

    読み聞かせのボランティアで5年生にも読み聞かせしてみました。
    こちらは2人で掛け合いしたので、台詞を分けて「かかさんや〜」「和尚様に聞きなはれ」で笑いをとっていました。
    最後のヤケクソ気味な面白いラストシーンは、教室中が大爆笑。
    あまりにインパクトがあったのか、後日5年生の子供達が1人1枚ずつお手紙を書いてくれました!
    ほとんどの子が、この本を気に入ってくれたみたいです( ^-^)
    こんな素敵なお返しは初めてだったので、本当に感動しました。

    全学年でも対応出来る本だと言うことで、後日違う学年でも読み聞かせしました。
    大人も子供も夢中になれる本です!

    掲載日:2014/11/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何でも嫁さんに相談する「ととさん」

    淡白な「かかさん」

    でたらめな「おしょさま」

    オニを飲み込んで最後はどうなるんだろう?と思っていたら・・・

    最初から最後までずーっと笑いっ放しの昔話しです。

    オニに豆を投げたりと節分の前に読むのもいいかもです。

    とにかく、面白すぎて読み手も笑いが出てしまいますので注意!!

    この絵本は小学1年生から6年生まで全員が楽しめました。

    更には、お年寄りへの読み聞かせも喜んでくれました。

    掲載日:2012/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • えー・・まさか!!

    • とむままさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子13歳、女の子11歳

    日本の昔話・・再話となっているので・・語りつがれているんでしょうか・・・おかしな、おかしなお話でした。


    おなかのいたくなったととさん・・かかさんに相談します。
    かかさん『おてらのおしょうさまにきいてみなさると いい』との返事。

    おしょうさんのいうことはみごとにあたって、解決していくんだけど・・・
    次から次へとが『えー・・』の連続でびっくりして愉快でした。

    5年生の子ども達も次はどうなるんだろう?とまさかの展開に興味深々で聞いてくれました。

    5年生もとなると強弱関係でなるほど・・・と思うので次を当てる子もいるのですが・・・それが本当になるとびっくり!『やっぱり〜まさか、と思ったのに・・』
    と嬉しそうです。

    昔話のいいところは「めでたしめでたし」で終わるところですよね。

    あー面白かった!って楽しめるお話です。

    5年生に読んだけど低学年でも大きな子でも楽しめると思います。

    掲載日:2008/10/22

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「かえるをのんだととさん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット