ぼくたち、いちばん! ぼくたち、いちばん!
文: ジェーン・イーグランド 絵: 東條 琴枝 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

きんのたまごのほん」 大人が読んだ みんなの声

きんのたまごのほん 作:マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵:レナード・ワイズガード
訳:渡辺 茂男
出版社:童話館出版
本体価格:\1,500+税
発行日:2004年07月
ISBN:9784887500600
評価スコア 4
評価ランキング 18,596
みんなの声 総数 52
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 表紙の絵に心奪われ…

    思わず、手に取った本です。可愛すぎる!!翻訳が一部不自然というレビューも多数。確かに。ん?という部分、あります。が、挿絵の美しさだけでも楽しめます。綺麗なものを見るのは心癒されますね。卵に絵を描いて隠すイースターの遊びや、ホワイトハウスではエッグロールという行事があるそうで、海外の文化に精通した人には充分読み応えがある内容なのではと思います。まだ一緒に読んではいませんが、子供にイースターを説明出来るくらいの知識を身につけておきたいなと思いました。

    掲載日:2016/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美しい挿絵

    その表紙に一目ぼれ。
    中を見て即購入しました。
    一人ぼっちのウサギが、たまごを見つけました。そしてたまごを孵らせようと色々とやってみます。
    物語としては、よくありそうな展開ですが、本当に純粋に挿絵が美しいんです。まさしく「絵本」って感じでした。

    掲載日:2012/09/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵は素敵だけど・・・

    とてもきれいな表紙に期待して手に取りました。たまごから赤ちゃんが生まれてくるまではわくわくしながら読めてよかったのですが、生まれてきたばかりのひよこの言動がしっくりきません。寝ているうさぎに小石をぶつけたり、蹴ってみたり・・・。うさぎがたまごにしたことと同じことをしているだけなのですが、うまれたばかりのひよこがすることかと疑問に思います。さらに翻訳のためか原文もそうなのかわかりませんが、話し言葉が非常にかたいです。小さな子供に読み聞かせるには違和感があります。結局子供には読み聞かせしませんでした。大人が読むには、絵が素敵で楽しめると思います。最後の一文は素晴らしいです。好き嫌いが分かれる本かなと思います。

    掲載日:2012/07/22

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「きんのたまごのほん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / もこ もこもこ / いないいないばあ / おふろだいすき / しょうぼうじどうしゃじぷた / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『いっさいはん』minchiさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット