十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

くまたくんとおじいちゃん」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

くまたくんとおじいちゃん 作:わたなべ しげお
絵:おおとも やすお
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,165+税
発行日:1983年
ISBN:9784251000491
評価スコア 4.28
評価ランキング 13,699
みんなの声 総数 17
「くまたくんとおじいちゃん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • いなか風景がなつかしいです

    2歳10ヶ月の息子に読んでやりました。くまたくんが田舎のおじいちゃんちにバスや電車を乗り継いで遊びに行き、田舎ならではの遊びですごしたというお話でした。

    残念ながら私たち夫婦の実家にはいわゆる「田舎」らしくないので、おじいちゃんちにいったときの風景とは異なり、息子はわかっているのかどうかわかりません。でも、その世界にはなにか魅力を感じるようで、なんどもなんども本を開いてその風景を確かめています。虫取り、川釣り、畑など。こういうのどかな田舎の風景、ほんと懐かしいです。こういう場所にいつか息子を連れて行ってやりたいと思います。

    本では「農家」のおじいちゃんちとなっていますので、畑仕事をされるおじいちゃんを持っているお子さんには、とても身近な話題として映ると思いますし、そういう場所につれていってやりたいと紹介するにもいい本です。

    掲載日:2010/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夏の一こまで成長するくまたくんです

    夏休みにくまたくんがおじいちゃんのところに遊びに行って、いろんな体験をします。
    おじいちゃんの家では、かまどがあったりポンプの水道があったりと、くまたくんは何もかもが珍しそう。
    もう今ではなかなかこんなお家って田舎に行ってもないだろうなぁと思えるものばかり登場します。
    娘は便所おばけのシーンが気に入ったようで、一緒にどろろろーーとおばけのマネをします。
    くまたくんが田舎の体験で大きく成長する様子が書かれていて、娘も来年の夏は色んな体験をさせてあげたいと思いました。
    幼稚園ぐらいのお子さんがいると、もっと共感できるかもしれないですね。

    掲載日:2008/07/21

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「くまたくんとおじいちゃん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / ぐりとぐら / どうぞのいす / おててがでたよ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / はらぺこあおむし / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.28)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット