なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれるの試し読みができます!
作・絵: ヨシタケシンスケ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
ヨシタケシンスケがおくる、くりかえしが楽しいまねっこ絵本!
はらぽこおやむしさん 40代・ママ

さすがです!!
さすがヨシタケシンスケさん!とっても面…

バーバ・ヤガー」 9歳のお子さんに読んだ みんなの声

バーバ・ヤガー 作:アーネスト・スモール
絵:ブレア・レント
訳:こだま ともこ
出版社:童話館出版
本体価格:\1,400+税
発行日:1998年01月
ISBN:9784924938915
評価スコア 4.55
評価ランキング 4,718
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

9歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • なかなか興味深いです。

    エキゾチックというよりロシア色たっぷりの挿絵がとても話を引き立てていました。また、宮崎駿監督の『ハウルの動く城』は、もしかして、このバーバ・ヤガーの鶏の足がついた家からインスパイアーされたのかな?という気になりました。

    このバーバ・ヤガー、本当は全然意地悪でも悪い人でもなさそうな気がします。だって、よい子は食べないんですもの! しかも自己申告制で、私はいい子だからって言っただけで、食べないんでいてくれるんですよ! すばらしい。また、白い騎士や黒い騎士が登場するところも、なんだかロマンチックだなぁと思いました。

    ちょっと長めな話でしたが、とても楽しめました。それにしても、旧ソ連圏では、カブが身近なものなのでしょうか? おおきなカブでも、カブが出てきていて、ふと思いました。

    あと、訳した方の擬音語の使い方がとても美しいなぁと思いました。絵本ですが年長さんや小学生低学年くらいから楽しめる本だと思います。

    掲載日:2014/03/26

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「バーバ・ヤガー」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / しろくまちゃんのほっとけーき / じゃあじゃあびりびり / はじめてのおつかい / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本に登場した「クスノキ」に会いに行ってきました!

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.55)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット