ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

ともだちや」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

ともだちや 作:内田 麟太郎
絵:降矢 なな
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1998年01月
ISBN:9784032048902
評価スコア 4.68
評価ランキング 1,566
みんなの声 総数 185
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ともだちになる…てさっ

    • ミヅポンさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子2歳、女の子0歳

    この絵本、私が好きなお話でシリーズでmy本棚にズラリと並んでいるんです。
    その絵本に息子が気付き、とうとう読む時が来てしまいました
    :*:・( ̄∀ ̄)・:*:ニンマリ←よくぞ気付いてくれた♪♪

    表紙のタイトル「ともだちや」
    もちろんこの友達屋ってのは、表紙のキツネくんです。

    夜になると現れて
    「友達いらんかねぇ〜1時間100円2時間200円…」
    なんて提灯とのぼりをぶら下げて営業をしているんです。

    そんなキツネくんの様子には、読み聞かせの声にも調子がでてしまいます。
    そして、つい「友達下さいなっ(*^ー^)ノ」と声を挟んでしまいそうで(笑)

    でも、友達ってお金で買えるの!?

    一人ぼっちで居たら寂しいけど、友達が横にいたら幸せになれる!? 
    その幸せの時間をお金で買っても良いのかな〜〜〜〜?
    とも、思うし…

    でも友達って…

    …なんて、考えているうちにキツネくんのところにも
    「お友達下さいなっ」の声がかかります。

    友達屋の営業をしている晩のこと、「おい、キツネ」と声がかかりました。
    その相手はオオカミです。
    いつものように友達屋として相手をしているキツネ

    そろそろお時間が来てお代をちょうだいしようとしたら…

    この出会いがなければ、このシリーズは始まらないわけで
    友達の形がここにあり!! ですヨ♪♪

    読み終わって、そうなんだよねぇ(*´ω`*)友達って「こうなんだよぉ♪」と満足できるストーリーです。

    自分の絵本として読んでいた時には、「なるほどねぇ〜」と何度も何度も読んでいた1冊でしたが、
    子供に読み聞かせるようになると違った目線で見ることができました。

    今はまだ2歳だから友達の形ってわからなくて、でも知らぬ間に友達の輪が広がっているよね。

    年齢が上がると、友達を作るってことに難しいと感じることもあるのかな〜と思います。

    でもこの絵本のオオカミさんの言葉のように「いくつになっても友達になるってことはこう言う
    ことなんだよ、忘れないでね」と、心の中で息子に言っている自分がいました。

    ぜひぜひ、キツネの調子の良い声で営業して下さい。
    そしてオオカミの大きな声で友達ってのはこう言うもんんだ!! ってのを、心に刻んで下さいな。

    そうすればみ〜んなオオカミとキツネのように友達になれる(*^o^*) 


    新学期が始まって慣れてきた頃に読むのもオススメですよ。

    ↑ちなみにウチの甥っ子(小学1年生)に読みました。
    幼稚園から小学校に上がり新しい生活の中でたくさんの友達ができて、やっぱり「友達の大切さ」を
    忘れてほしくなかったので☆

    私もオオカミさんと友達になりたいなぁ(#^∇^#)ゞ

    掲載日:2012/06/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • ミミズクのじいさんは聞き耳をたてていた。キツネはともだち屋になって一時間百円玉 で友だちを探します。最後にオオカミに出会います。オオカミは本当の友だちにお金なんて払えないといい、自分の一番大事な宝物をあげます。キツネは喜んでスキップしながら帰っていきます。よかったねキツネさん。

    掲載日:2015/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人にこそ読んでもらいたい

    「ともだちいりませんか、1時間100円」
    キツネがともだちやを始めますが・・・

    学生の時に出会ったこの本。
    「ともだちや」なんて!そんな発想に驚き、
    のぼりを持って踊る様にかけているキツネの姿が
    可愛らしくて可笑しくてお話も面白くて…。
    本当の友達になれたシーンもとても素敵。
    心がほっこり温かくなります。

    しかし、今読んでみると、
    このお話で訴えていることがとても深い。
    オオカミが歯をカチカチならし、怒っているシーンと
    その言葉には、大人もハッとさせられます。
    残念ながら、友達、という言葉を使って商売をしたりする
    大人がいることも事実です。
    金銭がからんでしまった時点で、それはもう友達という
    対等な関係ではなくなってしまうということ。
    子ども同士だけでなく、大人にも言えることが
    ずばりオオカミの言葉に込められています。

    子どもももちろん、大人にも読んでほしい。
    そんなメッセージが込められていると思います。

    掲載日:2012/06/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「ともだちは、いりませんか」

    • あおそらさん
    • 20代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子2歳、男の子1歳

    NHK「おはなしのくに」で取り上げられているのを、偶然目にしたことがきっかけでこの絵本を知り、
    もうすぐ3歳になる男の子に読み聞かせました。

    最後まで真剣に聞いてくれたけど、2歳、3歳くらいのお子さんにはまだ少し内容は難しいかもしれません。
    それでも、これからお友だちと遊ぶ機会も増える年齢なので、絵やところどころのセリフから何か少しでも
    汲み取ってもらえるものがあれば・・・と思い選びました。

    「ともだちは、いりませんか。さびしい人はいませんか。ともだち1時間100円。ともだち2時間200円」
    大人にとっては少し、ぎょっとするセリフです。
    なんでも素直に受け止め吸収する時期の子どもに読んでも大丈夫かな?と、多くの大人は少し心配にはなると
    思います。
    でも、子どもは大人が思っている以上に柔軟です。
    最後まで読めばきちんと話の意味を理解してくれると思います。

    2人でトランプをして盛り上がったり、オオカミが一番大切にしているミニカーをくれる場面もあり、
    本当の「ともだち」を学ぶには最適な絵本だと思います。

    読んだわたし自身が、今まで「良いことだけを詰め込んだ絵本を子どもに与えたい」と思いがちだったん
    だな〜と気づかされました。
    昔話や落語にあるような少し毒気のあるストーリー。
    たまにはそんなお話も心を育てることに重要なのかもしれません。

    掲載日:2012/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと考えさせられる話

    もうすぐ三歳になる息子に読みました。ともだちって、私にとっても結構課題です。本の内容はお金を払ってともだちやをするのですが、最後にはお金抜きで友達を作れます。お金はとにかく、なんだか読んでいて、私が考えさせられるお話でした。
    降矢さんの絵も魅力的です!!

    掲載日:2012/03/21

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ともだちや」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / ぐりとぐら / うしろにいるのだあれ / はっぱのおうち / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

全ページためしよみ
年齢別絵本セット