もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ともだちや」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

ともだちや 作:内田 麟太郎
絵:降矢 なな
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1998年01月
ISBN:9784032048902
評価スコア 4.68
評価ランキング 1,566
みんなの声 総数 185
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 狼って怖いはずじゃあ・・・

    1年生の息子に読み聞かせ。
    遠くの幼稚園でしたので入学当時同じクラスに知り合いはゼロ。
    誰も知らない状態から、少しずつお友だちができてきたみたい。
    そんな息子に。

    さてキツネくんがオオカミに「おい、ともだち」と声をかけられたとき
    もう年を経て心が擦れてしまっている母は
    てっきりオオカミに食べられるのじゃないかとハラハラしました(笑)

    息子はお友だちができて良かったね〜♪と笑顔。
    やっぱり子供は素直でよろしいなぁ。
    息子にも、お金では買えない素晴らしいお友だちができますように。

    掲載日:2014/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 発表会でしました。

    発表会で演じた絵本ということで母に見せるために図書館で借りてきた絵本のようで一緒に発表会を思い出しながら読みました。姉も一緒に発表会を思い出しながらセルフを行ってみたり楽しく見ました。
    内容の違っているところを3人でお話しした絵本です。
    友達と言う存在について親子で考える機会が持てた素敵な絵本でした。

    掲載日:2012/09/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 商売にしたりゆう

    「ともだちや ともだちいりませんか さみしいひといませんか  ともだち いちじかん ひゃくえん………」

    ともだちになることを商売にしているキツネ

    本当のところは、さみしいのかな… 友達がほしいのかな?

    自分の心に気付かないまま ともだちやのしごとをしています。

    でも、やっぱり無理してるんですよね。
     
    本当のともだちって無理や我慢して一緒にいるものではありません


    ただ、この仕事をしたおかげで本当のともだち(オオカミ)に出会えたキツネ、幸せ者です

    これからの二人が楽しみです

    掲載日:2012/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 新学期前に。

    • 海猿さん
    • 30代
    • その他の方
    • 京都府
    • 男の子6歳、男の子3歳、

    長男は小学校、次男は幼稚園になる時で、環境も変わり新しいお友達と出会いを大切にしてほしく、この絵本を選びました。

    友情はお金ではなく心が大切だと、この絵本で学べました。
    子供達も新しいお友達をたくさん作って欲しいです。

    掲載日:2012/05/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • シリーズ第一作

    キツネとオオカミが出逢う、シリーズ第一作です。

    「ともだちや」という商売を始めたキツネ。
    友達をお金で買うなんて「えっ」と驚きです。

    でも、本当は寂しがりやのキツネ。
    オオカミと本当の友達になれて、良かったですね。

    オオカミが「おだい だって」と怒るシーンは迫力があり、キツネがスキップで帰る後姿は楽しそう。
    感情豊かな絵が、お話をさらに盛り上げてくれます。

    掲載日:2011/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友達っていいな

    ともだち役をしながら商売をするきつね、
    面白い商売だなと思いながら息子と読みました。
    最後の場面では、心がジンときました。

    息子にも面白さが伝わったのか、このシリーズに
    のめり込むきっかけの一冊となりました。

    掲載日:2011/08/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • お金で買える?

    • クマトラさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子1歳

    1時間¥100でおともだちになるってとても安易な思いつき。
    どんな展開になるかと思えば、気兼ねなく付き合える友達が
    見付かり一件落着。
    森のミミズクが静かに事の成り行きをを静観していますが、
    聞き入る年長の息子も大親友が出来てきて、ともだちやの
    奇妙さに神妙な様子でした。
    多くの人の中で、親友が持てるって幸せなことですね。

    掲載日:2010/05/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ともだちって。

    • 橘朔夜さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子7歳

    キツネさんが一時間100円で「ともだちや」をしていました。
    でも普通に考えてお金で友達が出来るわけでもないし、そんなので出来るのは友達じゃないと思いますよね?

    それにキツネさんはいつ気づくのか。
    1ページ目からキツネさんの行方にドキドキします。
    友達と偽って近づいてく食べられちゃうんじゃないかとか。

    そして、運命の出会いがありました。
    キツネさんが「ともだち」の本当の意味を知る事が出来たのです!

    良かったね〜、キツネさん。
    と思わず言いたくなりました。

    掲載日:2010/04/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • “ともだち”を切望していたのは…

     初めて手にした時、浮き輪に提灯、幟に正月用の花餅。
     この格好のきつねくんが可笑しくって。
     降矢先生の絵だというので、開いてみました。

     なんとも奇妙な商売だなあ〜と思いつつ、キツネは苺が苦手なのかと息子と笑いながら先へ。
     作り笑いのキツネにも、客寄せの呼びかけの言葉にも寂しさが感じられ、この先商売はうまくいくのかと心配していたら、良い出会いがありました。
     楽しそうなトランプの場面で、息子は大爆笑でした。
     オオカミのアップのページにドキリとしながらも、その台詞にジーンとしてしまいました。
     「あしたもきていいの」のキツネの一言に、“ともだち”を切望していたのはキツネだったのだと思いました。

     暗くなっていく帰り道のキツネの後ろ姿が、本当に嬉しそうでした。
     息子は、オオカミがグラスに注いでいた飲み物がなんだったのか、しばらく考えていました(笑)。
     6歳の時の思い出の一冊です。

    掲載日:2009/11/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当の友達って?

    息子が図書館から借りてきました。
    お馴染みのシリーズなのですが、実は家ではまだ読んでなくて
    小学校に入学してから、新しい友達も増えた息子が
    気になって借りてきたようです。

    お話しもとてもシンプルに本当の友達とは?と
    子どもたちに問いかけるように、そしてその答えも
    分かりやすく、描いてるところに
    「お金出しても友達にはなれないよね。」
    「オオカミさんは意外とかわいいものを持ってるんだ〜」
    と、本当のお友達はお金には換えられないこと、
    そして、本当にお友達が欲しいオオカミさんの持ち物が
    とても気になった様子です。
    私はとっくにこのシリーズを読破してますが、
    息子は自分で図書館から借りて、
    読破したいな〜って思ったようですよ。

    掲載日:2008/09/30

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ともだちや」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / ぐりとぐら / うしろにいるのだあれ / はっぱのおうち / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


2つの写真のまちがいをさがそう

全ページためしよみ
年齢別絵本セット