あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

よるくま」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

よるくま 作・絵:酒井 駒子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1999年11月
ISBN:9784033312309
評価スコア 4.73
評価ランキング 871
みんなの声 総数 380
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 親がこどもにかける暖かな一言

    読んでいるほうも心静かになります。
    なぜか不思議と音が流れていない静かさを毎回感じています。
    おかあさんくまの子どもにかけるひとことは、とても短いものですが、親が誰しも思う子への気持ちにあふれていて、毎回このせりふを読むたびに心が熱くなります。

    掲載日:2012/04/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • ママとぼくとよるくまと

    • 10月さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子3歳

    夢の中。
    よるくまとぼく。
    よるくまのお母さんを探しに。

    お母さんを探して心細くて寂しくて・・泣いてしまうよるくま。
    そのよるくまをかわいそうに思って、いっしょに探すぼく。
    そのぼく・・眠っているぼくを温かく見守るお母さん。
    そしてよるくまのためにと魚を釣っていたよるくまお母さん。

    みんな、みんな、温かい。
    背景の色と光と影の表現が、気持ちの色となって。
    まっくらな中にビューンとひとすじの流れ星が流れるページ、効果的です。

    4歳の我が子も、この「ぼく」と同じ柄のパジャマでクマのぬいぐるみと寝ています。
    そして「ママ あのねあのね」と一生懸命話しかけてくるところも
    一緒。すごく重なるところが多くて、切ない愛しさでいっぱいになりました。

    ちなみに息子は「よるくま クリスマスのまえのよるに」も大好き。
    (友人のお子さん・女の子は「よるくま」を「一番大好きな絵本!」と云ってました)

    掲載日:2009/09/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • 母の愛

    • ともっちーさん
    • 40代
    • ママ
    • 佐賀県
    • 女の子8歳、男の子4歳

    切ないような、温かいような、不思議な気持ちになる絵本です。

    目が覚めると、お母さんはいない。
    よるくまは寂しくて泣くけれど、実はお母さんはお仕事に行っていたんですね。
    実世界でもこういう親子は少なくないでしょう。

    これだけだとしんみりしてしまうお話だけど、くまのお母さんがとても元気で明るく、そして愛情深いのに救われます。

    子供は深い意味までは理解できないようですが、夜に訪ねてくるくま、釣り上げられる流れ星など、表面的な所だけでも心惹かれる要素がたくさんあったようで気に入っていました。

    よるくまのお母さんは勿論、男の子の話をきちんと聞いてあげているお母さんも素敵。
    母として、見習う所がいっぱいだなぁと思いました。

    掲載日:2015/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 感動…

    有名なえほんで知ってはいたのですが、はじめて読みました。
    よるくまの、お母さんに会いたくて、でもどこにもいなくて、その寂しい表情に何度も胸を打たれました。
    わたしも小さいころこういう体験したことを思い出したりもして。
    そしてお母さんに出会えたシーンのてすてきなこと!
    これを寝る前に読むと、おだやかな夢が見られそうです。
    おやすみ前の読み聞かせにぴったりだと思います。

    掲載日:2015/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • お気に入りの熊のぬいぐるみが連れて行ってくれた夢の世界。
    ぬいぐるみの熊くんのためにお母さんを探していたら、空の上にまで行っちゃいました。
    酒井さんの絵はあくまで、幼児向けなテイストだと思います。
    よるくまという名前の通り夜の暗闇を象徴しているようですが、大熊座まで登場して、眠る前の読み聞かせの絵本として、よいのではないでしょうか。

    掲載日:2013/04/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愛らしい目、大好きです。

    • まゆしおんさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子9歳、男の子7歳

    母の愛をわが子に伝えることが出来る本です。
    酒井さんの絵本は私も大好きで、女の子や動物の目の愛らしさが癒されます。

    掲載日:2011/06/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しい絵本

    • ススワタリさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、女の子4歳

    男の子とお母さんの会話がそのまま絵本になっています。
    夢の話なのかな?
    私はそう思いましたが、子供たちにとっては自分にも起こりうる現実のお話。
    今夜は私のところに来る?
    来るかもね。
    おかあさんを探してあげないとね。
    そうだね、一緒に探してあげてね・・・
    優しい気持ちになる絵本です。

    掲載日:2011/02/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • これからの私にとって課題が。

    • ゆっきんぐさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子6歳、男の子4歳

    子供が小学校で落ち着いたら働こうかな?
    もう幼稚園に入ったし、働こうかな?

    子供の成長のそばにいたくて専業主婦を選んで6年。そろそろ仕事をしたほうがいいかな・・・と考えていた矢先に読んだ絵本です。

    忙しくなったら、ココロに余裕を持って、子供の語りにつきあったりできるのだろうか・・・私に。

    絵本の中で、子供が「ママ、あのね」と語り始めて、よるくまがおかあさんを探しているお手伝いをして・・・
    おかあさんがみつからなくて寂しくて泣いてしまって、まっくらになってしまい、そこに流れ星。

    読んでいて切なくなりました。

    おかあさんは あっけらかんと仕事していた話をしますが、よるくまを抱いたときはもう「おうちのおかあさん」の語りに変わっていました。

    働くおかあさんは、私の何倍も大変だろうな。
    でも私は、もう少し子供のそばで頑張ろうかな・・・?

    まだまだ悩みは解決しないけど、ちょっとしんみりしちゃう絵本でした。

    掲載日:2011/01/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ステキな絵本です。

    この本は友人に薦められて購入しました。
    男の子の話かたがとっても優しくって、こちらまで、やさしい気持ちに
    なります。
    クマの子がお母さんを探していると男の子もとても心配そうで、
    それがすごく子供たちにも伝わるようでした。
    文字数は少ないのに、中身は濃くって小さいお子さんだけではなく、
    大きくなってからでも充分楽しめる本だと思います。
    特に、働くお母さんにお勧めしたいです。

    掲載日:2010/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夜の雰囲気が出てる

    • だかりんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子4歳、女の子2歳

    とても雰囲気のある素敵な絵本です。
    色合いも夜の雰囲気。お母さんと男の子の会話でよるくまとの冒険が語られています。
    もちろん文章は短いし、内容も簡単なのですが、雰囲気が良いので、大人に受けるかも知れません。
    子どもにとっては「夜」は魅力的なのでしょうね。
    よるくまと冒険できた男の子は満足でしょう。その冒険のおはなしをお母さんもちゃんと聞いてくれているところも。子どものお話はきちんと聞くのはなかなか大変な時もありますが、この男の子のお母さんのようにきちんと聞いてあげられるようにしたいと思います。

    そしてよるくまも男の子も帰っていくのはお母さんのところ。
    安心しておやすみ。そう言って読みたい絵本ですね。

    掲載日:2010/05/26

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「よるくま」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / どうぶついろいろかくれんぼ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★
  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。
  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット