ガラゴの小型えほんボックス 特製ガラゴのながぐつキーホルダー付き ガラゴの小型えほんボックス 特製ガラゴのながぐつキーホルダー付き
作: 島田 ゆか  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
あのガラゴのかばんの中に、小型絵本とキーホルダーが入ったスペシャルセット!
まゆみんみんさん 40代・ママ

プレゼントにもぴったり!
ガラゴの絵本2冊(小型版)が入ったセッ…

よるくま」 大人が読んだ みんなの声

よるくま 作・絵:酒井 駒子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1999年11月
ISBN:9784033312309
評価スコア 4.73
評価ランキング 929
みんなの声 総数 385
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • どちらかというと大人向け?

    どちらかというと大人向けなのかな?と思いました。

    子どもに読むのなら、読み聞かせするときの雰囲気や、親子の関係にもよるのかなと思いました。
    そのうえで、ある一部の子どもには響くかな…

    はじめ、いかにも大人だからこそ感動するようなセンチメンタルな絵本かな…と感じたけど、(そういうのは苦手なのです)この絵本は、最後が温かくて好きです。

    掲載日:2017/10/08

    参考になりました
    感謝
    2
  • ママもこどももほっこり♪

    • ゆきぷりさん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 男の子8ヶ月、男の子8ヶ月

    現在2歳の双子のママです。

    絵本、最近読んであげてないなぁと
    全ページが立ち読みできるので購入を考えて
    気になっていた『よるくま』読んでみました。

    今現在、自分がママという存在と
    昔の子供だった頃の私が見た不思議な夢の思い出と…

    ママという存在の大きさと
    子供の頃の母への思いを 思い起こさせる
    2つの時を超えたなんとも不思議な感覚が
    『よるくま』この絵本にはあると思います。

    大人もほっこりとさせれるし、
    もう夢を見ているだろう(?)二人に
    『よるく夜寝ることで素敵な夢が見られるんだ
    ということも教えられるかな?

    早速購入したいな、と思いました。

    掲載日:2010/10/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • いい絵本だなぁ。

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子6歳、男の子3歳、女の子0歳

    こんなにいい絵本なのに私は今まで読んだ事がなかったなんて!私の馬鹿!お話の中に出てくる「あああったかい。おまえはあったかいねえ」というセリフが、自分も日常的に子供達にかけている言葉なのでほっこりしてしまいました。

    掲載日:2017/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • ファンタジックで素敵な絵本

    若いお母さんに、人気のある絵本だなと思って、
    図書館でみたら、とてもきれいなので、
    この作家さんの絵本を数冊読みました。
    特にこの絵本は、夜の夢のように、
    現実との境目もぼんやりしている感じで
    とても幻想的なかんじがします。
    よるくまの動きは、歩き始めたばかりの幼子のよう。
    とうとう見つけたママは、たくましく、
    家に帰って美味しい食事を食べさせることを夢見ながら
    働いていたのだろうと想像できます。
    もう安心!ぐっすり眠るぼうやとくまが安らぎを与えてくれます。

    掲載日:2016/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • おやすみ前に読みたい!

    男の子がベッドでお母さんに話しかけるところからストーリーが始まります。よるくまが訪問してきて、男の子と一緒によるくまのお母さんを探します。夜の世界がページいっぱいに広がっていて、とっても神秘的です。よるくまのお母さんが釣りをしているのもとても印象的で楽しくなります。
    独特の世界観で、やさしくあったかい気持ちにさせてくれる素敵な絵本だと思います。おやすみ前に読むのにぴったり!

    掲載日:2016/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • きゅんとしました

    • たましい母さん
    • 20代
    • ママ
    • 愛媛県
    • 女の子2歳、男の子0歳

    テレビやおもちゃに夢中になって、ふと我に返った時に母親が見当たらず、不安な気持ちになったのでしょう。少し震える焦ったような声で「ままー!」と呼ぶ娘の声が、隣の部屋から聞こえてきた時を、この絵本を読んで思い出しました。よるくまのお母さんがよるくまを抱きしめて帰る気持ちがよく分かります。
    「ぼく」と「ママ」の話し言葉の中にも、優しさが溢れています。文章が下にまとまっているのも、絵を邪魔しないので良いですね。よるくまとぼくの絵を見ているのに、ママとぼくが話す様子も目に浮かびます。
    母子の愛をいっぱい感じて、あたたかい気持ちになることができました。

    掲載日:2014/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • とってもいい!

    心が温かくなる絵本です。

    お母さんと子どものやりとりで、さいごには温かい気持ちで「おやすみ」と言えそうです。
    これは、子どもが寝る前に読むのにいいのでしょうね。

    絵もとっても味があっていいです。
    この絵本は手元に置いて、何回でも子どもに読んであげたいな。

    お母さんの愛情があたたかい絵本ですので、温かい気持ちになりたいときにおすすめです。
    一度読んでとても気に入ったので購入予定です。

    掲載日:2014/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • よるくまの口元がたまらない

    よるくまは、よるみたいにまっくろでむねにはおつきさまがひかってて、とってもかわいいくまのこ。

    夜遅くによるくまがたずねてきたのは、おかあさんがいなくなっちゃったからですって。
    ぼうやとよるくまは一緒におかあさんを探しに出かけます…。

    酒井さんの初期の作品ということで、今とは違った淡くやわらかいタッチで描かれています。
    ママとぼうやの優しそうな口調がいいですね。
    相手に対する思いやりを感じました。

    やっとおかあさんに会えて泣きじゃくるよるくまは、ぎゅっと抱きしめたくなるほど愛しいです。

    私が親になったら絶対に子どもに読んであげたい一冊です!

    掲載日:2013/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 酒井駒子さんの描く夜が、大好きです。
    すこしさみしくて、でもとても温かい。

    たとえば昼間は温かくても、夜は何だか冷たいなんて感じるのは、大人だからなのでしょうか。
    考えてみれば子どもの頃は、そんなふうに思ったことは一度もなかったような気がします。
    大好きな父と母に守られている安心感。今日一日が楽しかったという幸福感。

    そんな気持ちで眠りにつくからこそ、むしろ、夜は温かいものだと感じていたのでしょうか。
    酒井さんの描く夜は、子供時代のそれを思い出させてくれます。
    もう戻れないことを知っているから、読むとすこしさみしいのかな。

    けれども そんなこの世界観が、私は大好きです。

    よるくまちゃんのお母さんを探しに、この世界へ出かけてみてください。大人のかたも、是非。

    掲載日:2013/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夜の大冒険

    酒井駒子さんが好きで、読んでみました。
    とてもかわいらしいお話です。
    よるくまのおかあさんを探すために、はちみつやさんをのぞいたり公園に行ったり、
    よるくまのお家に行ったり・・・でもおかあさんはいないからよるくまはついに泣きだします。
    泣いたよるくまの顔がちょっと怖かったけど、おかあさんと離れたこどもは不安で、
    こんなふうに泣いちゃうのかも。

    掲載日:2012/04/16

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「よるくま」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / ぐりとぐら / だるまさんが / ねないこ だれだ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


刀根里衣さんの最新刊発売記念!ギフトにぴったりの絵本

全ページためしよみ
年齢別絵本セット