貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

むしたちのおんがくかい」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

むしたちのおんがくかい 作:得田 之久
絵:久住 卓也
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2003年09月
ISBN:9784494009459
評価スコア 4.26
評価ランキング 15,178
みんなの声 総数 33
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 虫たちの目線がいいですね

    息子は得田之久さんの絵本が大好きです。
    この「むしたちシリーズ」もお気に入り。

    かわいらしい虫達が、みんなで音楽会を開こうと、
    演奏しようとするのですが、行く先々にはいろんな
    トラブルがあってなかなか演奏できなくて・・・

    虫たちの目線から描かれた絵がとても良いですね。
    虫たちの行く先々のトラブルは、どれもこれも人間が
    原因のような感じがして、息子と2人、もっと地球を
    大事に、きれいに使わなきゃだめだよね、とお話しました。
    小1の息子も、虫たちが空き缶などのごみの近くに集まっている
    絵を見て、何かしら感じるところがあったようです。

    でも、最後にはきちんと音楽会が開かれます。
    家の外で聞こえるあの虫の音も、虫たちがやっと開催した
    音楽会の音なのかもしれませんね。そう考えると、
    ゆっくりじっくりと虫の音に耳を傾けてやりたくなりました。
    この絵本を読んでから、息子はよりいっそう虫の音に反応
    するようになりました。

    掲載日:2008/10/06

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「むしたちのおんがくかい」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



子どもの気持ちに優しく寄り添ってくれるおやすみ絵本

みんなの声(33人)

絵本の評価(4.26)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット