あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
イカリサンカクさん 30代・ママ

いろいろな表現があった!
このお話は、赤ちゃんが生まれてくる家の…

おならのしゃもじ」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

おならのしゃもじ 作:小沢正
絵:田島 征三
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2003年09月
ISBN:9784774605685
評価スコア 4.4
評価ランキング 8,686
みんなの声 総数 39
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ぷっぷくぷう

    田島征三さんの絵と痛快で楽しいおならの音。にぎやかで元気で楽しいお話です。
    子どもの好きなおならがこんなに楽しくかかれていて、読んでいてたまりませんでした。
    何度も読んでとリクエストされます。
    変なおならのでるしゃもじをもらった若者。最後は調子にのって自分のおならがとまらなくなるのでは、なんて思ったのですが。。。この若者最後はこのおならのしゃもじでお嫁さんまで。なんともまあめでたいお話。
    とても楽しい本です。おすすめです。

    掲載日:2013/08/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • おならで幸せ♪

    おならを自由自在にあやつることのできるしゃもじ!!
    なんておもしろい発想♪
    子どもって、おならの絵本大好きですよね・・・。
    我が家の娘も、しっかりはまってくれました。
    昔話のような雰囲気もとても良いと思いました。
    こんな道具で幸せをつかんでしまうなんて、
    なんだかずるいとも思っちゃいました(笑)♪

    掲載日:2015/03/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • しゃもじの使い方☆

    お宮の帰りに道で拾ったあかとくろの2本のしゃもじ。
    「おしりだおしり なでろなでろ」
    って!!
    新しい!昔話なのに新しい!!このしゃもじの使い方。
    まさか、しゃもじもこんなことに使われるとは・・・(笑)

    しかも、このおなら。
    「ぷっぷくぷ〜」は、いいとして、
    その後は、もう日本語ですから(笑)
    まぁ、日本語といっても食べ物なので、
    さほど問題でもないですが、とはいえ
    自分の尻から日本語が飛び出した日にゃぁ、
    そら、大慌てですよ(笑)

    道徳?品格??
    そんなことは、横に置いといて、
    とにかく大げさに上げて下げて、へんてこ拍子!!
    親子で楽しく読めました☆

    掲載日:2010/12/15

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おならのしゃもじ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / ウェン王子とトラ / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ダメ! / まんまる ハオちゃん / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



山岡ひかるさんの「食べ物絵本」シリーズ 歴代編集者さんに話を聞きました

みんなの声(39人)

絵本の評価(4.4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット