まるまるまるのほん まるまるまるのほん まるまるまるのほんの試し読みができます!
作・絵: エルヴェ・テュレ 訳: 谷川 俊太郎  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
「きいろいまるを おして つぎへ いこう」言葉に導かれて、ページをめくっていくと・・・? フランス発・ポップな色づかいがオシャレな絵本です。
なーお00さん 30代・その他の方

大人でも楽しい!
こんな絵本、見たことない! 大人の私…

はらっぱ 戦争・大空襲・戦後…いま」 大人が読んだ みんなの声

はらっぱ 戦争・大空襲・戦後…いま 作:神戸 光男
絵:西村 繁男
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1997年
ISBN:9784494012343
評価スコア 4.44
評価ランキング 7,691
みんなの声 総数 15
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • “はらっぱ(町)”の移り変わりが見られます。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子12歳

    絵は西村繁男さんが描かれています。
    参考資料の書籍から推測するに、この“はらっぱ”のモデルは荒川区のどこかみたいですね。
    戦前、戦中「東京大空襲」を受け、高度経済成長する戦後に日本の町の移り変わり、そして現代(現代っていってもこの絵本が出たのは1997年だから、もう10年以上前の話になってしまいます)へと続いていきます。

    1つの“はらっぱ”とその近辺を時代と伴に見せてもらうのも、なかなか素敵でした。
    何度も読み返して、面白いなと思ったのが、《マキ理髪店》が《マキ美容室》に、と《吉田医院》が《吉田病院》になっていくところ。
    それだけでなく、“はらっぱ”の後ろの方に合った小山(小高い丘)すらもいつの間にか消えてしまい、町の中のビル群になっていました。

    この本は小学校の高学年とかでいつか使ってみたいです。
    書かれている文字を読んでいくのではなく、
    “はらっぱ”と町の移り変わりがどんなふうになっていくのか、子どもたちとじっくり見たら面白いかも…と、思いました。

    掲載日:2012/06/03

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「はらっぱ 戦争・大空襲・戦後…いま」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット