すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

ピーターのてがみ」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

ピーターのてがみ 作・絵:エズラ・ジャック・キーツ
訳:木島 始
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1974年07月
ISBN:9784033280806
評価スコア 4.72
評価ランキング 1,087
みんなの声 総数 28
「ピーターのてがみ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 短い時間の流れの中で

     「ピーターのくちぶえ」や「ゆきのひ」は、もう随分と前に読みましたが、今回はそれらの2冊以上に反応がよく、読み終わったあとも、余韻に浸っているようでした。お手紙を書くのが大好きな娘・・・きっと何か心に強く感じるものがあったのでしょうね。

     ピーターがエイミーに書いた手紙を、風に飛ばされてしまい、ちょうどそのとき向こうから歩いてきたエイミーに、手紙を拾われそうになってしまいます。あわてるピーターと何も知らないエイミー。
     なんとかエイミーに見られずに済んだのですが、娘は、「エイミーがかわいそう」と言って、何度もそのページを見つめていました。「でも、きっとエイミーに(手紙の宛名を)見られちゃったと思うよ。だって、こっち向きで飛んできたもん。」と、前のページの絵に戻って、封筒の向きと、エイミーの表情を確かめていました。

     とても短い時間の流れの中で起こった小さな出来事なのですが、ピーターの心の動きが手に取るように伝わってきて、ドキドキします。最後はハッピーエンド。ピーターもエイミーも、それに、ピーターの犬のウィリーもエイミーのオウムも、みんなみんなとってもうれしそうです。
     娘は、エイミーのオウムが、「たんじょうーび おめーでとう、ピーイータアー」と、真似をするのを聞いて、「いいな、いいな〜、Jもオウム飼いたい!」と、うらやましがっていました。

    掲載日:2010/04/16

    参考になりました
    感謝
    2

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ピーターのてがみ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / ぐりとぐら / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『小さな家のローラ』<br>安野光雅さんインタビュー

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.72)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット