あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

アメリカのマドレーヌ」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

アメリカのマドレーヌ 作:ルドウィッヒ・ベーメルマンス ジョン・ベーメルマンス・マルシアーノ
絵:ルドウィッヒ・ベーメルマンス ジョン・ベーメルマンス・マルシアーノ
訳:江國 香織
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\2,200+税
発行日:2004年10月
ISBN:9784776400813
評価スコア 4.36
評価ランキング 9,979
みんなの声 総数 13
「アメリカのマドレーヌ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • カウボーイスタイルの可愛らしいこと

     そうそう、マドレーヌはアメリカ生まれの女の子でしたっけ。
     ある日パリのマドレーヌのいる寄宿舎に、アメリカのテキサス州に住むひいおじいさんが亡くなったとの海外電報が届き、遺言書の公開のため、マドレーヌはテキサスに呼ばれます。
     ミス・クラベルとマドレーヌたちは、テキサスへ飛行機で飛び立ちます。マドレーヌシリーズでは、初の海を渡るお話ですね。

     マドレーヌのひいおじいさんの富豪ぶりに驚きました。
     牧場・油田・金鉱山・世界で一番立派なお店etc
     大人の読者も勘違いしてしまいそうな莫大な財産を前に、有頂天なマドレーヌを見事に制するのは、やはりミス・クラベル。素晴らしい!
     そんな中、マドレーヌが行方不明に、・・・。
     ひいおじいさんの遺言書には、なんと書いてあったのかは読んでのお楽しみということで、・・・。
     
     テキサスに着いてから、マドレーヌたちが着替えたテンガロンハットにウエスタンブーツというカウボーイスタイルの可愛らしいこと。
     マドレーヌの正式な氏名は、マドレーヌ・フォッグ嬢だということもこの作品で明らかになります。

     ルドウィッヒ・ベーメルマンスが、1950年代に旅をしたテキサスを舞台にスケッチをし物語を書いていた遺作に、お孫さんのジョン・ベーメルマンス・マルシアーノ(生前のルドヴィッヒには会った事がないそうです)が、実際にテキサスを旅しスケッチを足し完成させた作品だそうです。 
     
     他に「はくしゃくとくつしょくにん」・「サンシャイン」・「ベーメルマンス家のクリスマスの思い出(バーバラ・ベーメルマンス著)」も同時掲載されています。

    掲載日:2013/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • テキサスレンジャー!?

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、女の子0歳

    「アメリカのマドレーヌ」
    「はくしゃくとくつしょくにん」
    「サンシャイン」
    と3つもお話があるので、
    一気に読み上げるのはちょっと大変でしたが、
    息子の一番のお気に入りはやっぱりマドレーヌ。

    特に、「パリのつたのからまるふるいやしきに、
    12人のおんなのこたちが、
    2れつになってくらしていました」は、
    夜ベッドに入った後も、しつこいくらい一人暗証していました。

    それはありえないだろう?!というような急展開と、
    ザツなようでいてとっても引き付けられる絵が
    いつもながらの魅力です。
    今回はテキサスが舞台なので、馬がでてきたり、
    みんながカウボーイハットを着用していたり、
    随所随所でテキサスらしさが描かれているのですが、
    5歳の息子にはあまり分からないのが残念!
    でも地球儀でテキサスがどこにあるかは
    ちゃんと確認しましたよ。

    最近しきりとテキサスレンジャー!と言っているなあと思ったら
    なんとこの絵本が出どころと分かり、
    私は一人大爆笑でした。

    掲載日:2012/03/12

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「アメリカのマドレーヌ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / おこだでませんように / あっちゃんあがつく たべものあいうえお

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.36)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット