ねこのたくはいびん ねこのたくはいびん ねこのたくはいびんの試し読みができます!
作: 奧野 涼子  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
宅配便って、どうやってとどくの?

あいつもともだち」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

あいつもともだち 作:内田 麟太郎
絵:降矢 なな
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2004年10月
ISBN:9784032321500
評価スコア 4.82
評価ランキング 172
みんなの声 総数 82
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 分かる気がします

    これは意外と響きました。

    まわりの人間の中で苦手とする人を

    なんとなく避けてしまったことで、

    罪悪感に苛まれる。

    苦手とキライは似ているようで違いますね。

    この絵本を読むと、よくわかります。

    人にやさしくしよう、基本的なことですが、

    心に染みました。

    掲載日:2016/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • いい話だなぁ

    誰からも声をかけてもらえない。それは本当に淋しいことですよね。
    自分がちょっと苦手だなと思っていたのに、ちゃんとそういうところに
    目が向けられるキツネって、すごい!
    そして、そのキツネの思いに気付いて、そっと見守るオオカミも優しい!
    息子には、こんな風な思いやりが出来る人になって欲しいなぁ。

    掲載日:2012/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ともだちになりたいな。

    7歳の息子と4歳の娘に読み聞かせました。

    きつねさんとおおかみさんが冬ごもりをするお友達と春までお別れをしています。でも、へびさんは「私はあくしゅしたくてもできないし」なんて、すねて出て行く事が出来ません。きつねさんもへびさんの事が気になりつつ声をかける事が出来ず。。。。

    声をかけたくてもかけられないって、友達関係のなかで良くある事だなって思いました。

    春になって、きつねさんとおおかみさんは「あくしゅ」が出来ないへびさんと別の方法で仲良くなります。私はそこがすごく良いなって思いました。みんなと同じ方法じゃなくて、友達に合う方法で仲良くなるって大切な事だなって。
    子供たちにも、そこを感じてくれたら良いなって思いながら読み聞かせをしました。

    掲載日:2012/06/14

    参考になりました
    感謝
    0
  •  息子の大好きな「ともだちや」シリーズ、今回は冬編です。

     ヘビ・・・「大好き!」と言う人はあまりいないと思われるキャラクターが今回のお話の中心です。

     冬眠するクマやヤマネとは挨拶出来ても、何となくヘビが苦手で何も言えず別れたキツネ・・・それが気になって気になって仕方ない。キツネは本当に優しいですね。

     そして、そんなキツネの気持ちを理解してくれるオオカミもまた、優しい友だちです。

     「自分なんて好かれるはずがない、どうせ友だちなんて出来ない」と思っていた寂しいヘビが、キツネとオオカミに「やあ、ともだち!」と声をかけられ、握手した嬉しさ!読んでるこちらまで嬉しくなってきます。

     誰にだって苦手意識はあるけれど、ちょっと勇気を出して、それを乗り越えていけたら、友だちももっともっと増えるはず・・・そんなことを教えてくれる1冊です。

    掲載日:2012/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • へびにも手があったら・・・

    自分に自信がなくて、自分を「きらわれてる」と心に傷を持つヘビさん。
    きつねの態度から、敏感にもそれを感じ取ってしまい、さびしい思いを抱えたまま冬眠に入ってしまいました。
    やさしいきつねだけど、やっぱり苦手な友達がいるんだな、きつねも普通の子なんだな、と思う反面、控えめなヘビさんにはもっと優しくしてほしかったと複雑な気持ちになりました。

    でも、冬の間中、ヘビさんのことが気になっていたきつねは、やっぱりただもんじゃなかった!
    そして春になったとたん、しっかり自分の反省を行動に移したきつねは、称賛に値すると思います。
    いじめが横行する世の中で、きつねのように振る舞える子どもが一人でも多くなってくれることを、強く願いたいと思いました。
    ヘビにも、握手する手があったらよかったな、とおしい気持ちになっていたところ、お話の最後にはやっぱりこのシリーズならではの温かい「おち」がまっていました。
    尻尾で握手だなんて・・・
    よかったね、ヘビさん(●^o^●)

    掲載日:2011/06/18

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「あいつもともだち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / からすのパンやさん / バムとケロのおかいもの / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おおきなおおきなおいも / ありがとうともだち

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『ママドクターからの幸せカルテ』 監訳者  吉田穂波さんインタビュー

みんなの声(82人)

絵本の評価(4.82)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット