庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

カマキリくん」 10歳のお子さんに読んだ みんなの声

カマキリくん 作:タダ サトシ
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2002年
ISBN:9784772101639
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,239
みんなの声 総数 29
「カマキリくん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

10歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 器用だな〜。

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子10歳

    今年の夏は、いっぱいカマキリと遊びました。

    虫好きは、4年生になっても卒業しませんでした。
    ダンゴムシからはじまり、テントウムシ、セミ、蝶と、
    その年によって夢中になる虫が違い、
    今年の夏は、特にカマキリとよく遊んでいました。
    あの釜をもたげる姿が、たまらなく「かわいい〜」そうです。
    近くの花畑で見つけてきては、我が家の花壇に放し飼い。
    とってもめぐまれた環境の中で、いつも虫と遊んでいます。

    さて、主人公のこんちゃんも、カマキリをみつけます。
    そして、家につれて帰って遊ぶのですが・・・

    こんちゃんのもうひとつの遊びが、紙細工。
    色紙で、とんぼやばったを作っていました。
    とっても、上手で器用なんです。
    カマキリだって、あっという間に作ってしまいました。


    こんちゃんは、カマキリがばったなどの虫を食べるのを知らなかったんですね。
    それを知ったこんちゃんは、カマキリを逃がします。
    なぜって、生きた虫をとってきて食べさせることが出来ないから。

    優しいこんちゃん。
    確かに、かわいそうだけど、カマキリも生きていくには、
    生きた虫を食べないといけないからね。


    カマキリが威嚇する姿や、生きた虫を食べるという習性など、
    カマキリの生態が、丁寧に描かれています。
    カマキリやオニヤンマなど虫たちも、かなりリアルに描かれています。
    虫好きには、たまらないかも。
    カマキリの細かいしぐさも、よく観察されていますよ。

    さすが、虫好き工作好きの作者ならではの絵本です。

    掲載日:2010/11/05

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「カマキリくん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / いないいないばあ / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット