だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

かっくん どうしてボクだけしかくいの?」 大人が読んだ みんなの声

かっくん どうしてボクだけしかくいの? 作:クリスチャン・メルベイユ
絵:ジョス・ゴフィン
訳:乙武 洋匡
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2001年4月
ISBN:9784061892125
評価スコア 4.53
評価ランキング 4,943
みんなの声 総数 33
「かっくん どうしてボクだけしかくいの?」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • かっくん  
    まんまるの家族の中に 四角いかたちの かっくんが生まれました
    みんなと違うから 仲間はずれにされたり 「角があるから ぶつかると痛い」と言われるのです
    仲間はずれにされたときの気持ちが ちょっと 痛々しいですね

    これは 私たち人間の世界にあるのですが・・・・
    子ども社会のなかでは いじめになるし 傷つくのですね
    かっくんが まんまるの みんなに認めてもらえた
    これは 嬉しいですね
    みんな ちがうけれども 認め合うことの大切さ これを感じて
    みんなちがって みんないい

    こんなふうに 思える関係が良いですね

    乙武さんの 翻訳です 
    作者と 絵がうまくマッチしていて読みやすい絵本です

    掲載日:2015/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • もし自分だったら

     自分の体が他の人とちがう、、、。それだ仲間外れにされたら、とても悲しいです。
     
     もし自分が、かっくんだったら、
     もし自分が、みんなと同じまるい体だったら、
     いろいろなことを想像しながら読みたいお話です。
     
     シンプルでわかりやすいお話なので、ちいさな子でも読めるなと思いました。
     世界中で仲間はずれがなくなるように、じっくり読みたい絵本です。

    掲載日:2014/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 考えさせられる絵本

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    センスあり、無駄のない絵です
    乙武さんの訳も上手です
    乙武さんさからこそ
    よかったのかもしれませんね

    多数決の原理ではありませんが
    数が多いと
    力があったりします

    自分がもしそうされたら
    あなたたちは、どうするの?
    と、言いたくなるけど
    かっくんは、器が大きい分
    控えめにしています

    おとうさんとおかあさんは
    みんなと違うことを認めておいて
    それでも、受け入れていることを
    きちんと伝えているのがすごいです

    ぶつぶつおじさんの存在は
    一体どうなんだろう・・・

    絵本を閉じると、黄色の丸・・・
    かっくん?なのかな?

    読み聞かせしたら
    こどもたちは、どういうふうに
    捉えるのかな?
    と、思いました

    掲載日:2011/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなちがってみんないい

    • しのべさん
    • 30代
    • ママ
    • 茨城県
    • 女の子1歳

    読み終えて浮かんだ某テレビ番組で聞いたセリフ。
    みんなちがってみんないい。そうだよね。

    かっくんは丸い形のみんなとは違うけれど、みんなにはない
    すごい特長がありました。
    そのことに気がついた周囲の目がかわって、受け入れられたかっくん。

    誰でも長所、短所があって、お互い助け合って集団生活が成り立つんだなと改めて感じます。

    翻訳をされた乙武さんからも秘めたメッセージがあるように思えました。

    掲載日:2010/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんな違う

    まんまる家族の中に一人だけ四角いかっくんが生まれてきたお話です。

    四角せいでみんなと一緒に遊ぼうとしても上手く遊べずに仲間はずれになってしまいます。

    それぞれ特徴は違っていても、その素晴らしい個性を認めていこうという考え方が素敵だなぁと思いました。
    “みんな違っていて、それでいいんだよ”というメッセージが伝わってきました。
    そんな当たり前だけど、忘れかけている当たり前の事に気付かせてくれる素晴らしい絵本だと思いました。

    子ども達が個性の違いで悩んだ時には是非、読み聞かせてあげたいオススメの一冊です☆

    掲載日:2008/09/20

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「かっくん どうしてボクだけしかくいの?」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / はらぺこあおむし / くだもの / いないいないばあ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

みんなの声(33人)

絵本の評価(4.53)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット