庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

おばけのかんづめ」 大人が読んだ みんなの声

おばけのかんづめ 作・絵:なかや みわ
出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2004年05月
ISBN:9784893093219
評価スコア 4.1
評価ランキング 17,787
みんなの声 総数 28
「おばけのかんづめ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 缶詰は中身が見えないところが面白い。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    アレックス・シアラーの『ラベルのない缶詰の冒険』とか、
    畠中恵の『とっても不幸な幸運とか』、
    子どもの頃好きだった日渡早紀のマンガ『アクマンくんのお願い』など、缶詰ネタのお話は結構あります。
    そのどれもが平々凡々とした日常を送っていてはなかなか出会うことのできない、不思議な出会いがあります。
    「缶詰」って、瓶やペットボトルと違って、中身が見えませんからね〜。そこのところが作家さんの創作意欲が湧くのかもしれません。

    この絵本では、とっても弱虫な男の子が缶詰の中から出てきた「見習いおばけ」のおばけ修行を手伝うことで、自分自身も変わっていくというお話でした。

    内容そのものはわりとよくあるパターンでしたが、おばけのぽぽの缶詰から登場シーンは、ホントに「うわわわわ………」という感じで、面白かったです。
    おばけ学校の校長からの手紙も幼稚園くらいから小学校の低学年くらいの子が見て楽しくなるような“手書き感”があってよかったです。
    周りの子は「縄跳びもできる・鉄棒もできる・自転車だって上手だ。でも自分はうまくできないんだ」なんて思っているお子さんたちにぜひ、読んであげてほしい1冊です。

    掲載日:2012/02/10

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おばけのかんづめ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / いないいないばあ / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.1)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット