ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

うみをあげるよ」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

うみをあげるよ 作:山下 明生
絵:村上 勉
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1999年
ISBN:9784032049107
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,813
みんなの声 総数 11
「うみをあげるよ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 海のひろがり

    ワタルくんがカエルのきょうだいにあげた「うみ」は
    ワタルくんがだいじにつかっていたあおいバスタオルです。
    バスタオルなのに、読んでいてほんとに海のひろがりを
    感じました。潮風の匂いも。ホタルのひかりがとうだいと
    なるのも素敵でした。
    読んでいるうちに、自分が小さなカエルとなってしまったと
    いうのではなくて、ほんとに目の前に大きな海があらわれた
    ような気持ちになったのです。
    『うみをあげるよ』というタイトルも、うれしくなります。

    村上さんの絵がやっぱりいいのだなあというのも、もちろん
    ありますが、山下さんが幼少期、瀬戸内海の能美島で過ごした、
    ということもあるのだろうなあって思いました。
    この絵本は「山下明生の海の絵本」シリーズのうちの1冊なの
    ですね。他の絵本も読んでみたいです。

    掲載日:2012/06/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 海ごっこ!

    図書館で偶然、大好きな村上勉さんの絵なので手に取った絵本でしたが、大当たりでした!

    小さい時から一緒に眠っていた青いバスタオルが、ある時、強風をともなう雨で
    飛ばされてしまい、泣いていたワタルは、雨がやんだ後、お母さんと
    タオルを捜しに出かけます。

    見つけると、そこには2匹の兄弟ガエルが、バスタオルをまだ見たこともない海だと思って、
    思いっきり海遊びを始め、ワタルは.... という話です。

    1つの話の中に2つのエピソードが組み込まれていて、
    ワタルくんの成長もすがすがしいですし、無邪気なカエル達の発想も
    とっても夢があって楽しく、村上勉さんがその世界を描ききってくれていると感じる絵本でした。

    息子は、カエル達の海ごっこのページが好きで、バスタオルの話と
    呼んでいます。是非、入手して手元に置きたい絵本の1冊になりました。

    とても可愛い話です。是非、読んでみて下さい。

    掲載日:2010/05/16

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「うみをあげるよ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / チリとチリリ / ふたりはともだち / ぐりとぐら / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


葉祥明さんの描く不朽の名作

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット