ねぼすけ ふくろうちゃん ねぼすけ ふくろうちゃん
作: マーカス・フィスター 訳: 林 木林  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
祝「にじいろのさかな」25周年 マーカス・フィスターのデビュー作!

子ぎつねふうた(1) ふうたのゆきまつり」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

子ぎつねふうた(1) ふうたのゆきまつり 作:あまん きみこ
絵:山中 冬児
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1971年
ISBN:9784251006547
評価スコア 4.43
評価ランキング 8,406
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 人間のやさしさ

    自然破壊、あるいは、もっと身近なペットの問題でも、人間の身勝手さ、冷酷さに胸が痛むこともしばしばですが、あまんさんの作品はどれも人間のやさしさにあふれていて、あったかい気持ちになれます。

     こぎつねふうたの純粋さやいじらしさもひしひしと伝わってきて、娘も、ふうたは大丈夫かな?と、心配するようなまなざしで見つめています。ふうたが、人間の子になるためのおまじないをする場面では、まついさんといっしょになって、両手で顔を覆い、どきどきしながら次のページをめくるのを待っていました。そして、終わりに近づいてくると、不意に「きつねさんはどこ?」と、聞く娘。「ふうたは、きつねさんに戻らないの?」と、急に新たな心配が押し寄せてきたようでした。
     お話は、ふうたがまついさんの腕に抱かれたまま、余韻を残して終わっています。

    掲載日:2009/06/17

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「子ぎつねふうた(1) ふうたのゆきまつり」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / ちょっとだけ / はらぺこあおむし / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本のなかのくろくまくんといっしょにトイレトレーニング♪

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット