だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ひぐまのあき」 大人が読んだ みんなの声

ひぐまのあき 作・絵:手島 圭三郎
出版社:リブリオ出版
本体価格:\1,700+税
発行日:2001年
ISBN:9784897848785
評価スコア 4.7
評価ランキング 1,373
みんなの声 総数 9
「ひぐまのあき」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 北海道の秋。

    • 多夢さん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子13歳

    北海道の森の中に、ひぐまの親子が住んでいます。
    冬ごもりを前に、美味しく熟したやまぶどうの実を食べたり、
    川で初めてのさけを獲りに行きます。

    月明かりの中、「自分で獲りなさい。」と言われ、
    挑戦するも、なかなか捕まえることができないひぐまのこ。

    でも、「かあさんのように、水にもぐってみよう。」と気付きます。

    こうして、さけの取り方を覚えていくのでしょう。

    情景があまりにもリアルなので、まるで、自分もくまになって、
    その場に居合わせているような感覚におちいりました。

    それにしても、川に映った大きな月の影を、
    さけと見間違うなんて子どもらしいですね。

    ひぐまの親子のやりとりが微笑ましい。

    美しい色彩と、力強い版画の絵がとても素敵です。
    夕暮れのシーンや
    ひぐまのこが大きな立派なさけをくわえて水から上がったシーン、
    ラストの夜空にゆうゆうと泳ぐさけのシーンが好きです。

    掲載日:2013/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 手島さん

    手島さんの作品だったのでこの絵本を選びました。版画で表現してあるのが力強いくて気に入りました。北海道の秋の味覚を色々感じられるのが良いと思いました。葡萄の紫色が本物の野生の葡萄の色で素晴しいと思いました。葉っぱの1枚1枚まで丁寧に描かれているのが良いと思いました。親子が仲が良いのが素敵でした。

    掲載日:2010/07/20

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ひぐまのあき」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / おひさまパン / うしろにいるのだあれ うみのなかまたち

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.7)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット