おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

どんぐりかいぎ」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

どんぐりかいぎ 作:こうやすすむ
絵:片山健
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1995年
ISBN:9784834013337
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,115
みんなの声 総数 29
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 動物保護と重なっちゃった

    • ぽにょさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子5歳

    どんぐりと、それを食べる動物たちの関係を、どんぐり側から見たお話。
    実をたくさん実らせれば実られるほど、動物たちが増えすぎちゃって、逆にどんぐりの仲間が増やせなくなっちゃう。どうすればいいの?と会議を開いて相談するどんぐりの木。
    なるほど!こうすればよかったんだ!と、年数をかけて答えを出したどんぐり達。

    子供は素直にこのお話を受け止めてくれて、そうか!そうだったんだ!と関心しておりました。

    大人の私は思わず、マグロの保護問題を考えてしまいました。
    そういえば、ラッコを保護したら、増えすぎちゃってまた問題って言ってたなぁ。。とか。
    動物保護も、このお話のように1年おきにとかってならないのかな?なんて考えちゃいました。

    掲載日:2010/04/21

    参考になりました
    感謝
    2
  • そーだったのか!!

    • 1姫2太郎ママさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子15歳、男の子14歳、男の子 5歳

    どんぐりがいっぱい落ちている年とそんなに落ちていない年が何となくあるような気がしていた。本当のことか否かはこれからもう少し勉強しなくてはと思ったが、この作者が考えた訳が物語りになっていて、どうしても私が気になっていたことが解決した。子供を持つまでは気にしなかった事だが、本当に自然の大きさ、自然の力強さに改めて敬服する事柄が多くなった。どんぐりたち(正確にはどんぐりの木)の命のバトンタッチを分かりやすく、生態系への理解への糸口になるようなお話だと思った。と書くと難しい気もしてきた方がいるやも知れないが、肩の力を抜いて、気軽に、森へ足を踏み入れて行った気で読むだけでも十分楽しいひと時が味わえるのはないか。5歳の息子には、分かりやい展開と季節の繰り返しなのに、???とした顔付きだったので、繰り返しに少し混乱したのかと何度も戻ったり、途中だいぶ補足をしながらお話を確認しながらすすめて読みました。

    掲載日:2010/01/06

    参考になりました
    感謝
    2
  • 知ってびっくり(@_@)

    NETのお友達に薦めていただいて ずっと読みたいと思っていたんです。
    本格的な冬を迎える前に読めて良かった。
    この絵本を読むと 種の保存のための対策がどんな動植物にもキチンとなされているんだと感動してしまいます。
    本当に神秘的です。
    どんぐりたちが生き残るために動物が重要な働きをしているというのも
    オドロキでしたが
    どんぐりの“なりどし”と“ふなりどし”というのは
    こういうために出来たんだとわけを知って
    読みながら「ほおおお!」と呟いて
    娘に驚かれてしまいました。
    娘のほうはちょっと難しく感じたみたいで
    あまり読んで!と持ってくることはなかったですが
    私にはとても勉強になった絵本です。

    掲載日:2008/11/17

    参考になりました
    感謝
    2
  • 自然の成り立ち

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    今の季節にピッタリだなぁと選んだ絵本です。
    どんぐりがどんな会議を開くのか。
    少し興味がありチョットわくわくしながら読んでみると・・・

    この絵本のテーマは「食物連鎖」。
    人間にはあまり関係のない食物連鎖・・・です。
    どんぐりの木たちはどうしたら来年の春にたくさんの芽を出すことができるのか話し合うのです。
    こんな大事な会議だったとは!

    たくさんどんぐりがなる「なり年」と少ししかならない「ふなり年」があるなんて知りませんでした。
    そんなどんぐりの木の生態から想像したお話だそうです。
    どんぐりがたくさんなっても新しい芽は出ないし、少なくても出ない、絶妙なバランスが必要なんですね。
    どんぐりが少ない年は動物たちかわいそうだけど生体のバランスを保つには必要不可欠。
    こうやって自然が成り立ってきたんだなぁと感じさせられました。

    難しい内容のようですが、5歳の息子でも理解ができるお話になってます^^

    掲載日:2008/11/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大人も納得の理由

    この絵本は、どんぐりとりすに例えて描いてありますが、このお話は、大人が読むと、将来の人間と食料の形のように思えてなりませんでした。
    考えなしに食べるりすのせいで、どんぐりがなくなり、どんぐりがなくなったせいでりすが飢えて死ぬ…
    思った以上に、深いお話です。
    子どもたちに食料を残すために、私たち食べ物が過多にある世代は、限りある資源を考える必要があると思いました。

    掲載日:2013/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 森の生態系のお話

    このお話はどんぐりの木が育って森になって行く様子を描いていました。その中に、動物が増えすぎてどんぐりが増えなくなったとか、生態系にも絡めてお話が進められていたので、子供にも分かりやすくってとっても素敵な絵本だと思いました。

    掲載日:2013/06/09

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「どんぐりかいぎ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / くだもの / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


葉祥明さんの描く不朽の名作

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット