ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

トコとグーグーとキキ」 大人が読んだ みんなの声

トコとグーグーとキキ 作:村山 亜土
絵:柚木 沙弥郎
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2004年10月
ISBN:9784834020243
評価スコア 3.75
評価ランキング 29,438
みんなの声 総数 7
「トコとグーグーとキキ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ジャングルで出会った三者三様の生き物

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子19歳、女の子14歳

    柚木沙弥郎さんの挿絵なので、絵ははっきりしていて、やや幾何学的、それでいて印象的な動物たちが登場しました。
    遠目はよく利きます。
    文字もはっきりとした活字が使われているので読みやすいです。
    ジャングルの中で行き会った、三者三様の生き物たちのそれぞれの生態に合わせた会話が面白いです。

    大人だからなのか、私の頭が固いだけなのか、最後の登場するサーカスのシーンで、演じる側も観客も動物達ばかりだったのが、何となくしっくりきませんでした。
    人間を描きたくなかったのでしょうか?
    読み聞かせに使うなら、こういうことを考えずに素直な気持ちで見たり聞いたりできる4,5歳から小学校低学年くらいのお子さん辺りがいいかもしれません。

    掲載日:2014/10/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • それぞれの特徴と生き方がある

    みなみのくにの森の中にオニオオハシのキキとナマケモノのグーグーがいました
    トコはコーヒーの実を上手に食べます(動画のような絵がおもしろい)
    ナマケモノは寝るのがだいすきある時どうぶつサーカスのカメレオンがおっこちてきて 
    びっくりしてトコのくちばしが折れてキキはゴムの樹液でなおしてあげます 
    みんなそれぞれに 自分の持ち味が有るんですね〜
    キキ(カメレオン)はサーカスの人気ものなんです
    感動したトコは ナマケモノのグーグーに感動を伝えますが・・・・
    まったく感心なくグーグーはねむっているの
    このお話は、みんなそれぞれに 特徴があってそれぞれの生き方で生きていけばいいのだよ 
    そんなことを感じました
    絵も鮮やかで 南国の森の動物たちがきれいに描かれています

    掲載日:2012/04/16

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「トコとグーグーとキキ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ちょっとだけ / すてきな三にんぐみ / さつまのおいも / どんどこ ももんちゃん / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(3.75)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット