あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

おまたせクッキー」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

おまたせクッキー 作・絵:パット・ハッチンス
訳:乾 侑美子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1987年
ISBN:9784032024005
評価スコア 4.74
評価ランキング 816
みんなの声 総数 76
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 皆でクッキー

    このお話は、お母さんがクッキーを焼いてくれたこの家にたくさんの友達が順番にやってきてみんなでクッキーを食べるお話でした。でも、クッキーの数と子供の数が合わなくなった丁度その時に、おばあちゃんのおいしいクッキーが到着!!何とも魔の良い、料理の腕のいいおばあちゃんの登場でみんなでワイワイクッキー話食べているのがホンワカするお話でよかったです。

    掲載日:2015/05/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • クッキーなくなっちゃう

    おかあさんがやいてくれたクッキー。
    食べようとしているうちに、お友達が次から次へと
    やってきて・・
    自分が食べられるクッキーがなくなっちゃうのでは
    ないかと私はハラハラしました。
    欲のない娘は、私のようにはハラハラしなかった様子です(笑)。
    クッキーがなくなる・・ということよりも、次から次へと
    ベルがなるから落ち着かない気持ちになるだけだったみたい。
    きょうだいが多い子の方が、この絵本を楽しむことが
    できるかもしれないなあって思いました(そういえば
    私も3にんきょうだいだったので、いつでも「これはひとり
    なんこずつ」ということを意識して食べていたような気が
    します)。

    掲載日:2014/10/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 1年生読み聞かせ

    11月に1年生の読み聞かせで読みました。
    1クラス20人程度。絵はさらっとしているので大人数には向きませんが少人数ならOKです。

    お母さんが焼いたクッキーを2人(姉弟)で食べようとすると、次々にお友達がきて、ついには1人1枚づつになります。更に、玄関のチャイムが鳴って・・。

    ページを開く毎に「○枚だ」と子ども達は話していました。数の計算にも良いと思います。
    読み聞かせは成功でした。

    掲載日:2013/01/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • さていくつ食べられるのかしら?

    • ぽめらにーさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子3歳

    計算がわからなくても、数がわからなくても
    人数が多いと自分の分前が減ってしまうっていうのは
    直感でわかるはず。
    来客はうれしいけど、分前が・・・
    その葛藤の沈黙場面が面白い。
    で、お母さんの「いまのうちにクッキーを食べちゃったら?」
    ってセリフもいい。
    でも、「いいよ、まってる」
    と言ったサムも、それに意義を唱えないみんなにも拍手!
    (ものすごい意気消沈した表情には笑えるけど)
    最後はそんなやさしい子供心にご褒美をあげるような結末に納得。
    割り算、掛け算、なんて話の中に持ち込まなくても、
    こんな追体験をいっぱいさせておこうと思いました。

    掲載日:2011/06/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • もうこないでっておもいました。

    たべようとすると、人がふえて、ぜんぜんクッキーがたべられないのがおもしろいです。

    ぼくなら、先にたべちゃうとおもいます。

    びっくりしたのは、つくえが小さいのに、いすがどんどん多くなっていったことです。

    あんまりたくさんきたら、すわるところがなくて、立たなくちゃいけないとおもいました。

    それに、クッキーがたべられなくなるから、もうこないでっておもいました。

    みていたら、おなかがすいて、クッキーがたべたくなりました。

    おもしろかったところは、つくえの上のおさらにねこがのっていたところです。

    掲載日:2009/04/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本の子どもたちと一緒に固唾を飲んで

    ブログの絵本紹介でよく見かける本なのですが、ようやく読めました。

    食べようとすると、訪問者が増えて「一体いつ何枚食べられるのだろう?」と展開がとても気になりました。

    息子は椅子の数を数えて「これ以上増えたら座る場所がない」と椅子のことを心配していました。

    読みながら「もう来てほしくないかも」と絵本の子どもたちと一緒に固唾を飲んで見守っている気分でした。

    緊張感のある点にスリルを感じます。

    掲載日:2009/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • クイズ感覚

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子7歳、男の子4歳

    レビューで気になっていて
    算数の好きな息子が気に入るかなあと借りてきました。

    お母さんが焼いたクッキーが最初に何枚あったのかが書いてありません。
    「2人で6枚ずつ分けようね」のみです。
    次にお友達が入ってきたから○枚になるね。といった具合に進みます。

    小1の子供の反応を見てたら、途中からこれで2まいずつになった。
    1枚ずつになった。。と参加してました。
    クイズ感覚で楽しく数の勉強ができたと思います。面白い発想の本でした。

    掲載日:2009/01/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ラストが素敵!

    • ねがいさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子7歳、男の子3歳

    おかあさんがたくさん焼いてくれたクッキー。
    ピンポーン。
    お友だちが来るたびに、わけっこしていたら、とうとう一人一枚に。
    さらにピンポーン。

    ここで、娘の顔が心配で曇ったのが、読み手としてはおかしくて(^^)
    「割るのかな?」と娘の結論が出たところで次のページへ。
    が、このおかあさんの提案は、なかなか黒いもの(笑)
    大人の発想ですね。
    子どもたちの答えには、「おお」と素直に感動。
    結末はとても素敵でした!

    読んでいて、ワクワクドキドキ、そして最後はハッピー。
    一番楽しい絵本のパターンで、とても好きです。

    掲載日:2008/10/06

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おまたせクッキー」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / ねないこ だれだ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(76人)

絵本の評価(4.74)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット