キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

おまたせクッキー」 大人が読んだ みんなの声

おまたせクッキー 作・絵:パット・ハッチンス
訳:乾 侑美子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1987年
ISBN:9784032024005
評価スコア 4.73
評価ランキング 942
みんなの声 総数 80
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ロージーのおさんぽの 作者の絵本です

    おかあさんのやいてくれたクッキー  
    二人でおやつを食べようしました「 6つずつだね」
    おかあさんは 「おばあちゃんのクッキーはとくべつよ」と言った山野いて持ってきてくれましたとき
    ピンポーン
    お友達が二人 お母さんは 気持ちよく招き入れて 兄弟も気持ちよくクッキーを4人で分けることに 「3つずつ」  割り算ですね
    また ピンポーン お友達がふたり 6人 
    さあ 2つずつ食べようとしたら またまた  ピンポーン 
    こんどは 4人のお客さん 12人 一枚ずつ食べようとしてたら また ピンポーン
    子どもたちの表情がおもしろい 
    表表紙は ドアからのどいてる みんなの顔がちょっと不安そう(ニンマリ)  
    誰がやってきたか?   あなたには分かるでしょう 
    ホッ!
    おばあちゃんが  クッキーをたくさん持ってきてくれたのだものね
    みんなで分けて食べる   しかも平等にね!

    おばあちゃんの美味しいクッキー食べてみたいで〜す

    子どもたちの 優しさ お母さんや おばあちゃんの優しさが  
    心を和ませてくれる ステキな絵本ですよ!

    あなたにも お薦めの絵本です

    掲載日:2018/05/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • すてきなおばあちゃん

    お母さんがクッキーを焼きました。
    12個のクッキーです。
    二人の子供がわけようとすると、お客さんがやってきます。
    少しづつ増えてゆくお友達。
    だんだん一人の食べる分が少なくなってゆくのですが、、、。
    でも心配ご無用です。
    最後にベルを鳴らしたのは、噂のあのひとでした。
    白黒タイルのレトロなキッチンが素敵な絵です。

    掲載日:2016/12/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 算数の勉強に

    作者の他の作品が面白かったので読んでみました。
    お母さんがクッキーを12枚焼いてくれました。それをきょうだいで分けようとしたら、次から次へと友達がやってきて…
    クッキーの分け前がどんどん減っていくのが面白いです。最後1人1枚になったところで、またもやベルが鳴ってしまいます。お母さんは今のうちに食べてしまったら?と提案するのが面白いです。でも食べずに待っている子ども達が偉い!笑
    最後は待っていた子ども達にとって嬉しい展開で良かったです。
    算数の勉強にもなるし、楽しい絵本だと思います。

    掲載日:2016/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何回読んでも気になります(笑)

     改めて読み直し、私ってせこい!って思いました。
     おとなりのトムとハナが入ってきた時点で、6枚から3枚に一人当たりのクッキーの数が減っちゃうって思ったんですから、ホント恥ずかしい。
     次々訪問者が増え、ママの作ってくれたクッキーの取り分が減っていきます。
     でも、サムは偉い。
     玄関のほうを見ながらもうお皿の準備をしているんでもの。
     分かち合う喜びを知っているんですね。
     一人1枚になった後のピンポーン!で、ママが言った一言に爆笑です。
     蛇足ですが、ママにやっぱり言いたい。
     ポットとお鍋の火を止めてくださ〜い。
     何回読んでも気になります(笑)。

    掲載日:2010/07/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • クッキーが足りなくなりそうでドキドキ。

    • 西の魔女さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子14歳、男の子10歳

    お母さんが焼いてくれたクッキーを食べようとしていると
    お友達がやってきます。
    そして お友達と分け合って食べようとすると
    また お友達がやってくる…
    という感じで どんどん自分のクッキーの数が減ってしまうお話です。

    途中から「クッキー、足りるかなぁ…」って心配になりました。
    (大人の私でも 心配になるのですから ちびっ子達ならもっと心配するでしょうね。)
    そして お母さんがピカピカに吹き上げた床が
    大勢の来客で どんどん汚れていくのも気になって仕方の無い私。
    でもこのお母さん 全く動じない…というか気にしていなくて
    「素晴らしい!」と 同じ母親として感心しきり。

    そしてとうとう
    「それ以上お友達が増えたら クッキー足りなくなっちゃうよ〜」
    …って思ったら 天のお助けが☆
    「あ〜良かったねぇ。」の結末にホッとしました

    のも束の間。
    お話の続きを想像させられる結末で またまた心配になっちゃいました(笑)

    掲載日:2008/06/07

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おまたせクッキー」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ぐるんぱのようちえん / いやだいやだ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


楽しく読んで楽しく知れる、新発想の忍者図鑑絵本

みんなの声(80人)

絵本の評価(4.73)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット