おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

おじいさんの机」 大人が読んだ みんなの声

おじいさんの机 作:立松 和平
絵:鈴木 まもる
出版社:河出書房新社
本体価格:\1,456+税
発行日:1997年
ISBN:9784309730639
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,104
みんなの声 総数 6
「おじいさんの机」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • つながる山のいのちたち

    家族で町に移り住むときに、ひとり田舎に残ったおじいさん。
    そのおじいさんが一人っ子の寛太に不思議な机を送ってきました。
    引出には不思議な世界が入っています。
    おじいさんの住んでいる田舎の風景。
    田んぼが田植えからお米になるまでの不思議。
    寛太とおじいさんの世界が、寛太を育ててくれました。

    机の引き出しの中の風景。
    幻想的で概念的で土着的。
    立松和平さんならではのお話でした。
    寛太が小学校2年生になったとき、おじいさんとの秘密は終わりを告げますが、おじいさんと会えなくなるのは、良いことなのでしょうか。

    掲載日:2012/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • おじいさんと孫&田んぼと四季の素晴らしさ

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子20歳

    鈴木まもる氏の絵にしては
    後ろ向きで、なんとなく淋しい感じだな・・・
    あら?
    立松さんの文ではありませんか・・・

    カバーの文章の冒頭
    「米は一粒地と粒が命です」
    \(◎o◎)/!
    机と米?はて???

    設定がおじいさんを田舎に残して
    おとうさんの仕事の都合で
    大都会に引っ越してきた
    男の子のおはなし

    1年間限定の不思議な引き出しの机が
    届けられます
    ドラえもん(^^ゞを想像してはいけません(^^ゞ

    限定というのが、まずポイント

    寛太くんのおじいさんに対する気持ちは
    裏返せば
    大都会に馴染めない子どもの心情でもあるような気がします
    お互いを思いやる気持ちともいえます

    農作業の1年間が、引き出しの中から
    広がり
    現実なのか夢なのか

    でも、おじいさんからは
    農作業をとおして
    まきでわかしたお風呂の中で
    大切な言葉を聞いています

    田んぼの中の小さな生き物に対する
    「いとおしく」思う気持ちが
    寛太くんにも繋がるようです

    黄金の稲が全面に出てきたり
    四季の様子が素晴らしく

    不思議な力がなくっても
    成長した寛太くんと寄り添う机に
    安堵感でした

    素敵な絵本です
    是非、読んでみてください

    掲載日:2012/04/10

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「おじいさんの机」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / おつきさまこんばんは / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / ぐりとぐら / くだもの / はじめてのおつかい / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット