クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ
文・絵: 樋勝 朋巳  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

したきりすずめ」 6歳のお子さんに読んだ みんなの声

したきりすずめ 作:石井 桃子
絵:赤羽 末吉
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1982年
ISBN:9784834008883
評価スコア 4.68
評価ランキング 1,682
みんなの声 総数 24
  • この絵本のレビューを書く

6歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 欲が深いおばあさん

    昔話を読み聞かせたくて、こちらを借りてきました。
    私の中のイメージでは、善いおじいさん(夫婦)と、隣の悪いじいさん(夫婦)というパターンが、昔話では多いと思っていたので、一組の夫婦で、善いおじいさん・欲深いおばあさんの組み合わせが面白かったです。
    「それからというもの よくを はたらかなくなりました」と、昔話ならではの教訓もしっかり書かれていて、子供の教育にもなりますね。
    和紙に描かれたような絵は、昔の雰囲気にぴったりです。

    掲載日:2012/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 印象的な絵

    息子と久しぶりに昔話を読みました。
    和紙に墨で描いた絵(私はすごく気に入りました)と
    「じいさ」 「ばあさ」 「びんがびんが」などなどの言葉から
    昔話の世界にたっぷりひたれました。

    息子と議論になったのは ばあさが選ぶつづらのこと。
    どちらも初めから宝は入っていなかった と主張する息子。
    どちらか片方には宝が入っていたはず と主張する母。

    今までは 昔話を読む=教訓 みたいな感じで触れあってきた。
    今回 息子と考え方、感じ方の違いを話すことができて息子の成長を感じれて良かった。

    掲載日:2011/08/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 安心して読めますね

    イラストが地味なので長らく娘が読まずにいたのですが
    いざ読んでみたら 結構内容に食いついていました。
    おばあさんがすずめの舌を切ってしまう場面で「酷い酷い!」と連発しては
    お話がどんな風に進んでいくのか気になって仕方がないようでした。
    おじいさんの丁寧で優しい面とおばあさんの雑でアクドイ面を対比させて楽しんでいたようでもあります。
    絵本ナビさんの特集“ちゃんと読みたい日本昔話”良い特集だと思います。
    楽しみに読んで行きたいです。

    掲載日:2009/07/01

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「したきりすずめ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / うずらちゃんのかくれんぼ / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


音楽家の両親をもつ「ぼく」の心のものがたり

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.68)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット