だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

うみべのハリー」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

うみべのハリー 作:ジーン・ジオン
絵:マーガレット・ブロイ・グレアム
訳:わたなべ しげお
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1967年06月
ISBN:9784834000986
評価スコア 4.06
評価ランキング 18,086
みんなの声 総数 53
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 海に行きたくなります

    『どろんこハリー』でハリーの大ファンになった2歳の息子と読みました。ハリーをみつけては「ハリーだ!ハリーだ!」とうれしそうです。相変わらずのかわいい姿に、わたしも気分があがりました。
    砂の城を壊して怒られたり、後ろをつきまとって嫌がられたりと、こどもたちが本当にやりそうな行動なので笑えます。息子は、海藻をかぶってしまったハリーを見て「これ何?誰?」という反応でした。海水客同様、ハリーと分かった時にはびっくりしてそして笑顔になっていました。
    また息子はすべてのページに出てくるおおきな太陽が気に入ったらしく、「ここにも、ここにも」と指を指しています。この太陽は存在感たっぷりで、しかもかわいく描かれています。
    最後のページのくろいぶちのあるしろいパラソルも素敵。その下で家族全員で海を眺めるすがたは、ほんとうに気持ち良さそうです。なんだか海に行きたくなってきました。

    掲載日:2012/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハリーがお化けに!?

    ハリーは外国の絵本なので、訳が少し無理があるところもありますが、絵もかわいいですし、気に入っています!
    文が長いので、読み応えがあります。
    うちの子は、二歳の時に貰ったので、途中で飽きてしまい、中々最後まで読ませて貰えませんでした。。
    三歳になった今は、ちゃんと内容も分かるようになって、お気に入りになっています!
    夏に、海に遊びに行くお話なので、夏にぜひ読んであげたい作品です!

    掲載日:2012/02/17

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「うみべのハリー」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / めっきらもっきらどおんどん / 11ぴきのねことあほうどり / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(53人)

絵本の評価(4.06)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット