うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

エルシー・ピドック、ゆめでなわとびをする」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

エルシー・ピドック、ゆめでなわとびをする 作:エリナー・ファージョン
絵:シャーロット・ヴォーク
訳:石井 桃子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\2,100+税
発行日:2004年06月
ISBN:9784001108729
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,441
みんなの声 総数 8
「エルシー・ピドック、ゆめでなわとびをする」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 前半はエルシー・ピドックという天才的な縄跳び少女が妖精に教わって更に上手になる話。正直、前半はいまいち。惨めなくらい貧乏な女の子が縄跳びなんてするんでしょうか?私だったら食べられるようなものを習うとか、さっさと子守だろうと新聞配達だろうと物売りだろうと食べていくために働くと思う。事実、途上国の子供なんて5歳くらいで既にしっかり働くし。1年も修行してご褒美にもらったのが一生舐められる飴のなわとび、、、。飢えているなら確かに良いご褒美だけど、一般的絵本だと金のなわとびとかもう少し金目のものでもおかしくないのですが(笑)

    しかし後半は素晴らしい。エルシーが109歳になったころ、山をクローズされて村人が使えなくなりそうになってしまう。そこで、エレンという少女が山の妖精に教わった提案で、村人全員が縄跳びを飛び終えるまでは山は自由に使えないという契約を結ぶ。エルシーは延々と飛び続ける。強とびでえらそうな領主を地面に埋め込み、契約どおり村のためにずっと飛び続ける、、、。山が守られたという結末は非常に素晴らしく、集中して読まされるものではありました。

    ただ、疑問は、エルシーの末路。この人、妖精じゃないし、そのうち死ぬとは思うけど、その後は?そして、村のために1年とか2年とか、ひょっとするともっとの間飛び続けるんでしょうか?無償の愛とか大事ですが、全く見返りもなくそんなことを続けるというのはいまいち納得できません。そもそもがエルシーの老後も貧乏でしばしば縄跳びの飴を舐めたような話も書いてあったし。もう少し、頑張りやのエルシーが報われる話だと良かったなと思います。

    文字量がとても多くて、3歳の娘には早すぎました。

    掲載日:2011/06/03

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「エルシー・ピドック、ゆめでなわとびをする」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / くだもの / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット