だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

エルシー・ピドック、ゆめでなわとびをする」 大人が読んだ みんなの声

エルシー・ピドック、ゆめでなわとびをする 作:エリナー・ファージョン
絵:シャーロット・ヴォーク
訳:石井 桃子
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\2,100+税
発行日:2004年06月
ISBN:9784001108729
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,441
みんなの声 総数 8
「エルシー・ピドック、ゆめでなわとびをする」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 妖精の縄跳び

    かなり長いお話です。

    縄跳びの上手な少女が、妖精から飛び方をならい、やがて、おばあさんになったときに、縄跳びで村を救います。

    ラストは、エルシーが飛び続けているのですが、楽しそうに飛んでいるはずなのに、悲しく感じるのは、私だけでしょうか?

    舞台となったケーバーン山は実際にあるそうです。
    絵を担当したブォーグさんは、足を運ばれたそうなので、美しい自然風景を絵で見ることが楽しかったです。

    掲載日:2012/04/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • 言葉の音の響きはいいのででもお話は長い

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子13歳

    シャーロット・ヴォークさんの絵はファージョンの物語のイメージに合っていて、絵本という方でも読みやすかったです。

    素敵なおはなしでしたが、絵本にしたことで朝読などの読み聞かせで使えるか?といえば、
    原作にそのままイラストを付けた形をとっているので、お話は一般的な絵本に比べると長いです。
    ちゃんと計っていませんが、読んだら20分ぐらいかかりそうです。
    最近の小学生のおはなしに集中できる時間は15分くらいが目明日、となると、ブックトークでなら紹介できそうですが、全文読むのは難しそうな気がします。
    シャーロット・ヴォークさんの絵もちょっと、遠目は効きづらいです。
    (淡い色彩の優しい線なので)

    ただ、ファージョンというイギリスの有名な児童作家を知らない人が、この作品で知るきっかけになってくれるといいなぁと、思いました。
    ファージョンは詩人でもあるので、文章がとてもリズミカルで、声にだすと耳に伝わってくる響きがいいです。
    (これは日本語で聞いて気持ちいいのだから、邦訳者の石井桃子さんのお力も大きいと思います)

    イギリスに興味のある方、妖精などの出てくるファンタジーが好きな方には特にお薦めです。

    掲載日:2014/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • エリナー・ファージョンのお話がシャーロット・ウ’ォークの絵でとてもさわやかで おもしろいお話に引き込まれました、長ーいお話でしたが 
    エルシー・ビトックが産まれたときから 女の子たちの縄跳びの音を聞いて育ち 産まれながらの縄跳びの天才だったんですね!
    高飛び するりとび 羽のような軽とび  長とび 強とび みんなでそろってとび  おそとび 爪先とび  二度ぐるりとび  早とび 
    おさめとび   心配どとはねとばせとび!

    こんなにたくさんの縄跳びの飛び方を 初めて知りました。

    そして妖精たちよりも上手にとんだのです!
    月日はながれて 時代がかわても ケーバーン山での縄跳び上手は引き継がれていたのですね

    荘園のの領主たちも三人目になり 立ち入り禁止の立て札が立てられて

    こんな事ってあるんだ 土地の持ち主には 縄跳びなんか関係ないんですよね
    人より金儲けが好きなんですよね
     
    人々は 領主と戦いました 人間が生きていく上で 時には大事な物を守るために 戦うことが大切なときがあるのです

    このお話は その事を みんなの楽しみの場を奪わないでという声を上げ 戦った人たち えっ! 109才のエルシー・ビトックの縄跳び上手が  欲の深い領主に勝ったのです!

    「すごい!」 思わず嬉しくなり 応援していました!

    みんなの力と エルシー・ビトックが みんなの山ケーバーン山をすくった!

    思わず拍手を送りたい気持ちです!

    長いお話でしたが さわやかで読み終わったときに 良い気持ちになります

    高学年の子供ならば 読んであげると エルシー・ビトックの縄跳びのすごさが分かると思いますよ!

    絵もさわやかで かろやかで人々のが楽しそうに縄跳びしている絵が 幸せを呼ぶように思えました!「アンディ、スパンディ、さとうのキャンディ、アマンド入りのあめんぼう!」

    この歌の聞こえてくる中で エルシー・ビトックが縄跳びしている絵も好きで〜す!

    掲載日:2010/04/13

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「エルシー・ピドック、ゆめでなわとびをする」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / くだもの / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット