だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

くいしんぼうさぎ」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

くいしんぼうさぎ 作・絵:せな けいこ
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2004年11月
ISBN:9784591083253
評価スコア 4.66
評価ランキング 2,179
みんなの声 総数 61
「くいしんぼうさぎ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ぼよよーんと音をつけて読んでます

    せなけいこさんのうさぎが登場する絵本が好きな娘のためによみました。

    とってもくいしんぼなうさぎくん。
    うちの娘もくいしんぼう。
    いっぱい食べて、太ったうさぎくんに
    『ぼよよよーん』
    という音をつけると『きゃっきゃ』と面白そうに笑います。
    また、太ったうさぎが
    『ずんずん』
    沈んでいくところも大好きでした。
    せなけいこさんの絵本は、子供を夢中にさせる面白い絵と音で、読み聞かせにお勧めです。

    掲載日:2012/06/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • まさかそうくるとは!

    せなさんの絵本が大好きな2歳と7歳の娘と読みました。

    まず、くいしんぼうさぎの食べっぷりにびっくり!
    かばさんより、ぞうさんよりたくさん食べるなんて!(笑)
    2歳の娘も「そんなに食べられないよ〜」と笑っていました。

    そして巨大化!したうさぎちゃん。
    まさか地球の裏側へ出てしまうとは思いませんでした!

    「あ〜ん、おうちへかえりたいよー」と、泣いてたわりにはポジティブシンキングなうさぎちゃん!
    娘は「とりさんにはこんでもらったらいいんじゃない?」と言っていましたけど。

    戻るために、たくさん食べてるときのうさぎの嬉しそうな顔といったら(笑)。
    本当に食べるのが好きなんですね!
    食べるのが大好きな7歳の娘も、「私もパンケーキたべた〜い!」と言っていました。

    優しいなあちゃんと、「すぽん」の場面が娘たちのお気に入りです。
    無事帰ってこれて、良かったですね♪

    大人も子供も、楽しめる絵本だと思います♪

    掲載日:2011/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • くいしんぼうがいきすぎて

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    1〜2歳児の親子のお話会で読んでいたので、一緒に見ていました
    食いしん坊すぎて地球の裏側まで行ってしまうというお話ですが、2歳児には難しかったかな・・・?
    せなさんの切りえ風のうさぎさんがシリーズ化していて、子供たちも知っているみたいで、よく見てましたね
    特に絵本が大好きな女の子は、じっと見ていました

    掲載日:2010/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 食いしん坊さん

    食いしん坊うさぎさんの楽天ぶりが面白いと思いました。

    食べれるだけ食べるってやっぱり羨ましいです。

    食いしん坊の私は、やっぱり年になると食べ物も制限付になってしまっ

    たから、若いうさぎさんが羨ましくなりました。

    食べすぎで重たくなって、体が地面に沈んでしまって、地球の裏側まで

    「すぽん」

    元の場所まで帰る作戦が、暢気で楽しかったです。

    なおちゃんが、「うさぎの穴」の目印の看板を立てた甲斐があってよか

    ったです。

    優しいなおちゃんが素敵です。

    せなけいこさんの貼り絵絵本がとても素敵でした。

    掲載日:2009/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 我が家のくいしんぼう

    最近、ホントによく食べる息子。
    毎日、ものすごいお腹をしています。
    そんな息子にピッタリの絵本だなと思い読んでいると、本人もそう思うのか読むたびに、「ボクみたい」と言っています。
    食べ過ぎて、地球の裏側に行っちゃうところが、おもしろいです。
    そして、人々の優しさにも癒されます。

    掲載日:2009/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意外!

    食べすぎのくいしんぼうさぎが重くなりすぎて
    地球の裏まで突き抜けてしまうお話です。
    我が家では「なあちゃん」を娘の名前にして読んでいるのですが、
    最後「なあちゃんがまいにちまっているんです」のところなど
    自分が待っているような気分になるようです。
    うさぎが大好きなので帰って来てくれるうさぎがいるといいね。
    せなさんの絵本は私は正直好き嫌いあるのですが、
    このストーリーは想像力豊かで娘もお気に入りの絵本になりました。

    掲載日:2008/10/27

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「くいしんぼうさぎ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ / はらぺこあおむし / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(61人)

絵本の評価(4.66)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット