貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

がちょうのペチューニア」 9歳のお子さんに読んだ みんなの声

がちょうのペチューニア 作・絵:ロジャー・デュボワザン
訳:松岡 享子
出版社:冨山房 冨山房の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1998年
ISBN:9784572003652
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,171
みんなの声 総数 29
  • この絵本のレビューを書く

9歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 愛すべきおばかさん

    3年生のおはなし会で読みました。
    ペチューニアのせいで散々な目にあう動物たちに同情しながら、でもペチューニアに怒るわけでなく、今度はどんなことをしでかすのかと、わくわく目を輝かせて聞いてくれました。

    おんどりのとさかの所は、分かっていないようでした。
    ニワトリ自体あまり縁がないからかもしれません。
    ひよこの数を数えるところでは、ペチューニアの計算間違いに気が付いて、「えーー!!」と声が上がりました。
    花火のところでは、爆発すると予想して盛り上がっていました。

    最後にペチューニアが「本を持っているだけでは、賢くならない」と気が付いて、字を覚える勉強を始めるところは、お説教くさくならないように気をつけました。

    表紙を見ると、幼い子ども向けのように見えますが、このおかしさが分かるのは、3年生以上だと思いました。

    掲載日:2012/07/22

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「がちょうのペチューニア」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい / ぐりとぐら / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



母であることのすべてがつまった、一生の宝物になる絵本

全ページためしよみ
年齢別絵本セット