モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

あやとり いととり 1」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

あやとり いととり 1 作:斎藤 たま
絵:辻村益朗
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\600+税
発行日:1982年
ISBN:9784834006049
評価スコア 4.09
評価ランキング 17,906
みんなの声 総数 10
「あやとり いととり 1」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 懐かしいけど思い出せない人に

    • さみはさみさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、男の子1歳

    5歳の息子が保育園であやとりをやっているとかで、もっと色々作りたいというので借りてきました。

    私も子供の頃にはやりましたが、長い年月が経てば、ほぼ忘れてしまっており、本を見ても思い出せないものも多数でした。

    5歳児には本を見ながら自分で試すというのはまだ難しかったようで、私がまずやってみてから、目の前で実演して説明しました。

    子供は覚えが早く、すぐに最後の行程まで覚えて友達に自慢していましたよ。古典的なものが多く載っていて良かったです。

    掲載日:2013/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 日本人

    日本人の手先が器用なのは、あやとりや折り紙などに、小さい頃
    からふれているせいもありますよね。娘もそういったものを楽しんで
    くれたらいいなあと思い、読みながらやってみました。

    小さい頃にあやとりをやったことがあり、大人になった私としては
    「あるある!こんなのやったことあるなあ!忘れていたけど
    思い出したわあ」といった感じで楽しめたのですが、娘はまだまだ
    経験がないので、なかなか難しかったようです。とはいえ、もっと
    前に本などなしでやらせてみようとした時よりも格段と成長が
    みられました(以前はほんとになんにもできずに、娘、ぶち切れて
    いましたから。笑)。やはりいろんなこと、個人差はあるだろうけど
    やるのに適した時期というものがあるのだなあと思いました。
    中指で反対側の手から糸をとる、親指で糸をとる・・など
    「とる」ところはできるようになりましたが、「糸をはずす」のは
    まだ難しいようです。他の指にかかった糸まではずれてしまう。
    指をそらしてはずれないように意識することがまだうまくできない
    ようです。
    小学生くらいになったら、もっと軽々とできるようになるかな?

    掲載日:2012/06/12

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「あやとり いととり 1」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.09)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット