庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

ほんとうのことを いってもいいの?」 大人が読んだ みんなの声

ほんとうのことを いってもいいの? 作:パトリシア・C・マキサック
絵:ジゼル・ポター
訳:福本 由紀子
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2002年
ISBN:9784892385605
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,335
みんなの声 総数 17
「ほんとうのことを いってもいいの?」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • お母さんとリビーの関係がよいので。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    絵の構成の取り方が私の好きな『ローレンチャイルド』さんと似ています。
    決して、そっくりではなのですが、遊び心的な絵の表現方法が似ていると、感じるのかもしれません。
    ストーリーはどちらかというと教育的な内容なので、「この絵本を子どもたちの人間関係のために」みたいに力を込めて読み聞かせなどで使うと、聞き手の子どもたちには楽しく思えないかもしれないので、大人が子どもに読むときは、変に諭すような物言いをしないで、淡々と物語を追ってあげてほしいです。

    リビーが「本当のことを言う」ということ自体に悩んだ時の、お母さんのアドバイスが素敵でした。
    主人公のリビーのお母さんとリビーとの関係が上手くいっているから、こういう親子の会話が生まれるのだろうな。『母としてリビーのお母さんを見習わなくちゃ』と、思いました。
    読み聞かせなどに使うときは小学校3年生以上中学生くらいの子さんにいかがでしょう?

    掲載日:2011/08/08

    参考になりました
    感謝
    2
  • 正直なだけでいいの?

    お母さんにウソをつき苦しい経験をしたリピー。これから本当のことだけを言おうと誓ったのですが、本当のことを言うたびに周りの人たちは不機嫌になってしまいます。

    主人公のリピーは、かつての息子の姿そのものでした。息子もかなりの正直者(笑)で、「ぼくは、親切に教えてあげたのに…」と、やはりリピーと同じく混乱していました。そんな時は、親がどんなに易しく説明したつもりでも理解までにはほど遠い感じでした。

    この本は、ただ正直(本当のこと)に言うだけでは、相手を傷つけることもあるんだよ。正直+α(思いやる気持ち)がとても大切なんだよ。
    と、親(私)が本当に伝えたかったことが、わかりやすく描かれています。きっと、子供も親から言われるより すんなり理解できるのではないでしょうか。

    掲載日:2009/06/05

    参考になりました
    感謝
    2
  • リビーはお母さんに嘘を言って お母さんから注意されると 涙を浮かべ もう嘘を言わないと反省するところは 良いことです
    でも・・・・ お友達の気持ちになることは 忘れていましたね
    嘘をつかずになんでも 正直に言うこと   でも・・・・ 時と場合を考えて  人の子持ちを考えて 言い方を考えると言うことは 友達から無視されてはじめて   あれ? 自分は正しいと思っていたのにおかしいときがつくのです
    そして 自分もおばさんから ウマのオルボスのことを 悪く言われて気づくのです
    相手の気持ちを考えることが大切なことを学のです
    人が お互いに気持ちよくつきあうことっては 人間関係にとって大切ですね
    リビーはこうして成長していくのですね

    掲載日:2016/10/03

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ほんとうのことを いってもいいの?」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ / しろくまちゃんのほっとけーき / バムとケロのそらのたび / ぐりとぐら / からすのパンやさん / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット