十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

こねこのチョコレート」 7歳のお子さんに読んだ みんなの声

こねこのチョコレート 作:B・K・ウィルソン
絵:大社 玲子
訳:小林 いづみ
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2004年11月
ISBN:9784772101745
評価スコア 4.55
評価ランキング 4,619
みんなの声 総数 87
  • この絵本のレビューを書く

7歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • わかる!

    弟の誕生日プレゼントに、ジェニーはおこづかいで、こねこのチョコレートを買いました。

    きれいな箱に入ったチョコレートをたんすに入れて、ベッドに入ったジェニーですが、目を閉じるとチョコレートのこねこが頭に浮かび、なかなか眠れません。
    ジェニーはついに、ベッドから出て、たんすに行き、チョコレートをひとつ、食べてしまいます!

    そのあとは、もう、想像つきますよね。
    ひとつだけのつもりが、もうひとつくらい…と何度もベッドとたんすを往復して、とうとう全部食べてしまったジェニー。
    明日は弟の誕生日なのに、どうするの…?

    自分のおこづかいでプレゼントを買う、ちょっと誇らしくて幸せな気持ち。
    だめってわかってるのに、やめられなくて取り返しがつかなくなっちゃうこと。
    どれも、子どもたちには心当たりがあって、とても他人事とは思えなかったみたいです。(大人も同じですよね)

    7〜11歳の子たちによみきかせしましたが、小さい子達は、ジェニーがチョコレートをひとつ食べるたびに、口に手を当てて、もう心配でたまりません。
    大きい子達も「ばかだなぁ。適当なところでやめればいいのに。」とあきれた感じでしたが、やっぱり気持ちはよーくわかるみたいで、心配そう。

    最後は、飼い猫のティブルのお手柄で、あーよかった!でおわります。
    あー、よかった。

    子どもらしい失敗をあたたかく受け止める大人たちもすてきでした。

    掲載日:2010/05/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • ちょっとつらい

    • ねがいさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子7歳、男の子3歳

    こういう話を読む時、娘は顔を覆います。
    ハラハラして見て(聞いて)いられないのかな。

    表紙を見て、このこねこのチョコレートはすごく美味しそうだ!という
    直感がして読みました。
    でも読んでみると、ちょっと辛いおはなしだなあと思いました。

    確かに日常で、こんな我慢がきかない場面ってあるけれど、
    誕生日プレゼントという特別な場面で誘惑にまけちゃうジェニーを思うと、
    すごく辛かったです。

    すごく綺麗にまとまりすぎていて、そんな慰めでいいの〜!?とついつい
    思っちゃいます。
    おはなしなので、これ以上の終わり方もないのかもしれませんが。

    掲載日:2008/08/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • ジェニー負けるな

    弟の誕生日のプレゼントに買った「こねこのチョコレート」。
    食べてしまったのはいけないことだったけれど、自分で一日をやり通したアマちゃんには脱帽です。
    みんな食べてしまって空にしてしてしまった、空の箱。
    本物のネコのクリストファーに助けられた形ですが、ジェニファーの心にはどう残ったのでしょうか。

    掲載日:2013/06/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひとつ、またひとつ・・・

    弟の誕生日に、自分のお小遣いでプレゼントを用意するなんて、とても優しいお姉ちゃんですよね。
    ジェニーは弟クリストファーの為に、可愛い猫の形のチョコレートが8個入っている箱を買いました。
    でも、その夜、どうしてもチョコレートが気になって仕方がないジェニー。
    そこはやっぱり4歳の子供です。
    ひとつ、またひとつと、ジェニーのお腹の中へ消えて行くチョコレート・・・。
    『我慢しなくちゃ』『でも、このくらいなら・・・』というジェニーの心の葛藤が伝わってくるようです。
    この先どうなってしまうのか、娘にも予想はついたようです。

    弟の誕生日当日、空っぽの箱を弟に渡したジェニー。
    きっとすごく後悔したでしょうね。
    でも、そんなことを吹き飛ばすくらい、素敵な出来事が。
    救われました。
    途中、どうなってしまうのかハラハラしましたが、最後は温かい気持ちで終わることが出来ました。

    掲載日:2012/10/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • チョコレートの魔力

    弟にチョコレートのプレゼントを買ったのに
    結局自分で食べちゃったお姉ちゃんのお話。

    だめだーと思っているのに
    どうしてもチョコのことが気になってしかたがない様子が
    臨場感いっぱいに描かれています。
    最後は飼い猫のアシストもあり
    ほっこりあたたかいエンディングです。

    掲載日:2012/03/06

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「こねこのチョコレート」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / よるくま / ちょっとだけ / はらぺこあおむし / がたん ごとん がたん ごとん / からすのパンやさん / バムとケロのおかいもの / もこ もこもこ / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(87人)

絵本の評価(4.55)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット