おふくさん おふくさん おふくさんの試し読みができます!
作: 服部 美法  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
お正月に家族で読んで、ほっこり気分になれる絵本!

えんにち」 2歳のお子さんに読んだ みんなの声

えんにち 絵:五十嵐豊子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1994年
ISBN:9784834005196
評価スコア 4.34
評価ランキング 10,286
みんなの声 総数 40
「えんにち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

2歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 好きだった絵本

    • みるぴんさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子2歳

    私が子供の頃に好きだった絵本です。
    2歳2ヶ月の息子と読みました。

    最初のページ以外、文字はなく後は全部絵!
    縁日が始まる様子、縁日の様子が描かれていてとても楽しい絵本です。
    それぞれのお店を見るのも楽しいし、普段の境内の絵と縁日の境内の絵を比較して楽しんだり、このお店は境内のどこにあるのかな?と探してみるのも楽しいです。

    読んでいると、まるで縁日に行っているような気になってきます。

    掲載日:2012/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • えんにちは楽しいところ!

    2歳11ヶ月の息子に読んでやりました。縁日には何度かつれていったことがあるとおもうのですが、この本を読んでやると、息子は、あれ食べたい、これほしいを連発。文章はまったくなく、ただいろいろな屋台が紹介されているだけの絵本ですが、こんなに縁日を語ってくれる本はないのではないでしょうか。

    その場の雰囲気に飲み込まれるだけではなく、客観的にそれがなんだったのかを思い出したり、確認したりすることができるのが本のよさですが、まさにこうやって息子の記憶に、知識として残っていくのだなと思いました。

    お祭りや屋台が好きなお子さん、教えたいと思っている方にはぜひ読んであげてください。

    掲載日:2010/07/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大のお気に入り

    娘が今最高に気に入っている絵本がこの「えんにち」です。
    えんにちの屋台がたくさん描かれているのですが、
    中には私は知らないけど主人は知っているお店があったりして。
    主人は「たこ風船」、私は「カラーひよこ」が懐かしかったです。
    近くに同じくらい大きな神社があるので、娘にとってもこれらのお店は身近な存在。
    「えんにちだー、お祭りはじまるの?」と大喜び。
    文章がない分、読み手にいろんな想像とストーリーを作らせてくれる
    「字のない絵本」の中でも特にオススメの絵本です。

    掲載日:2009/05/01

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「えんにち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


『てのりにんじゃ』山田マチさん 北村裕花さん インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット