だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

えんにち」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

えんにち 絵:五十嵐豊子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1994年
ISBN:9784834005196
評価スコア 4.34
評価ランキング 10,233
みんなの声 総数 40
「えんにち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 小さい頃にタイムスリップ

    表紙のたくさん並んだレトロなお面に惹かれて手に取りました。
    「これからふたりはえんにちにでかけます」という一文の後は、ずっと文字がなく、絵だけでおはなしが続きます。
    昼間に出店の屋台を組み立てるところから、たくさんの出店が並び出し、夜になってお客さんがだんだんと増えていく様子が丁寧に描かれていて、細かく見ていくのがとっても楽しいです。
    描かれているのが今どきのお祭りではなくて、一昔前の縁日の様子なので、子どもよりも大人の方が夢中になってしまうかもしれません。とっても懐かしくて小さい頃にタイムスリップしたような気分になりました。

    掲載日:2014/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昔のえんにち。

    絵を見る絵本で、ほとんど文字はありません。最初の所だけです。

    縁日を組み立てるところから始まります。

    なかなか懐かしい屋台がならぶ縁日で、カラーひよこは親の私ですらみたことがありません。だから、懐かしい〜〜〜!とまでは思わなかったのですが、古き良き時代の雰囲気を味わうことができます。
    なんとなく、あのわくわくした雰囲気、お店がいっぱいずらーっと並んだ時のうれしさが感じられる絵本です。

    掲載日:2013/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 縁日気分

    「これから ふたりは えんにちに でかけます」
    と一文だけあって、あととは絵だけの本。
    絵を楽しめて すごく楽しい。
    まさに「絵本」ですね。

    縁日ってなんだかワクワクします。
    その気分が味わえます。

    出店の種類は今というより ちょっと昔かな・・・
    だから「ママが小さいころは・・・」と話すと
    興味深々って感じで息子が話を聞いてくれて嬉しかったな〜
    パパとは「こういうのあったよね〜」と話が弾み楽しかったな〜

    早く縁日に行きたいな〜
      それが、家族全員の感想です。

    掲載日:2010/04/09

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「えんにち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


葉祥明さんの描く不朽の名作

全ページためしよみ
年齢別絵本セット