たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

バムとケロのさむいあさ」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

バムとケロのさむいあさ 作:島田 ゆか
出版社:文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1996年12月
ISBN:9784894231580
評価スコア 4.81
評価ランキング 214
みんなの声 総数 356
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

38件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 次は何が起こる!?

    3歳の兄上・1歳の弟君が大好きなバムケロシリーズ♪
    我が家では「もう一回!」の声が
    確実にあがる1冊です。

    母親のようなバムちゃん。
    怪獣息子のようなケロちゃん。
    そしてその2人を取り巻くキャラクター達から
    繰り広げられる珍事の数々♪
    どれもこれも、息子達の心を瞬時にキャッチ!
    ケロちゃんがオモチャを持って廊下を行ったり来たりする場面では
    息子君たちはベッドの上で飛び跳ねての大爆笑。
    そして、つれて帰ったカイちゃんをケロちゃんがイタズラして
    トイレットペーパーでグルグル巻きにし、
    ミイラだらけになっている場面では
    面白すぎて悲鳴まであげるほどです(笑)

    そして大人が感激するのは面白いだけではなく、
    背景がキッチリ描かれているって事。
    背景の事細かな点まで楽しませてくれる絵本って
    何度読んでも、新しい発見が次から次へと出てくるんですね。
    息子君はもちろん、私まで一緒になって前のページと見比べたり、
    ちょっとした変化に感激したりの毎日です♪

    こういう絵本こそ親子で楽しめる絵本!なのでしょうね。

    それにしても・・・バムちゃん。君は偉いよぉ〜!
    私もその寛容さ。見習わねば!

    掲載日:2009/11/26

    参考になりました
    感謝
    4
  • バムとケロの他のシリーズは持っていたのですが、カイちゃんとの出会いは冬だったのか〜と知りました。特にケロちゃんがカイちゃんに夢中になって、どうにかしていっしょに遊ぼうと必死になっているところが、子供には大うけでした。大人も子供も一緒に楽しめる本だと思います。

    掲載日:2016/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • ケロちゃんがおならをするところで、決まって大笑いする娘に読み聞かせています。

    ケロちゃんがあひるのかいちゃんを気に入って、遊びたがるのが、
    とてもかわいらくして、ほほえましいです。

    マンガのようなコマ割りを娘に読ませるのが少し難しかったですが、
    内容的にはコミカルな面白さがあります。

    初めてこのシリーズを読みましたが、ほかのもぜひ読んでみたいと思いました。

    掲載日:2015/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • ストーリー丸暗記で自分で読んでます

    絵本を読み終わると、次は絵を見ながらセリフをつくったり、ヤメピや、おじぎちゃんをたどってストーリーをつくったり!娘はまだ字が読めませんが丸暗記をしていてページをめくりながら自分一人で読んでます、文章は少ないので簡単に頭に入り後は絵で想像をふくらまして自由に表現しています、絵一つ一つが子供にも、親にもその想像力を豊かにさせてくれるような素敵なゆかいな絵本です!シリーズの中では、さむいあさが一番大好きみたいです。持ち歩きように小さいサイズもかいましたがいつも持って出掛けます!

    掲載日:2014/12/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 寒い日に出掛けたくなる

    • はるたろーさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子3歳、男の子1歳

    寒い朝の出来事です。
    寒い日ってなかなか気分も落ち込みがちですが、
    この本を読むとうきうきしてきて外へ出掛けたくなります。

    バムとケロはいつもの池に出掛けただけなのに
    こんなにおもしろいことが…!!

    あひるが池にはった氷で凍って動けなくなっています。
    氷のままおうちに連れて帰って・・・というお話です。

    あひるの表情がなんとも言えなくて
    でも私は大好きです。

    溶かしてあげてあひるが家からいなくなって、
    また池に行ってみるとまた凍っていた!!
    というオチも親子で笑いました。

    掲載日:2014/10/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 感じて楽しむ絵本

    3歳0ヶ月の息子に図書館で借りました。
    「そらのたび」と「おかいもの」は持っているのですが、シリーズのほかのものを含めて、今回は一気読み!
    息子も私も楽しんで読みました。

    これは3作目。
    なので、火曜日で始まります。
    かいちゃんという、あひるさんが登場です。
    こちらも、他愛もない、ほんわか、ドタバタ話。
    お風呂が気持ち良さそう。バスタブがかわいいです。
    息子はトイレットペーパーでのミイラごっこに夢中。
    そしておじきちゃん探し。

    なんというか、話としては奥が深いわけではないのだけれど、
    食べたり、遊んだり、寝たり、掃除したり…という場面が多く、
    それが、とっても五感に訴えるのではないかなあ。
    そして、直感的に子どもの共感を生むのではなかろうか。
    かつ、ちょっと可愛いところが母親の興味をひいたり。

    読んで楽しむというより、感じて楽しむという絵本だと思いました。
    ガラゴシリーズもすぐ図書館で予約したので、一緒に読むつもりです

    掲載日:2014/04/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 食わず嫌いでした

    • ameさん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳

    このシリーズはよく書店で見かけて知っていましたが、内容を見ることなく表紙が可愛らしすぎてに逆に敬遠していました。
    が、ネット書店などでのレビューがあまりに良いので一冊どれか買ってみようと。
    冬なのでこちらをチョイスしました。
    どこかで「よく見ると別のストーリーが展開されている」などと書かれていたので、
    普段文字を読むのがメインの私もじっくり絵を見てみると、すっかりハマってしまいました。
    噂によるとこのシリーズだけでなくガラゴシリーズにもリンクしているそうなのでそちらも欲しくなっています。私が。
    子供も気に入って1日1回は必ず読まされますが、次は保育園で読んでもらったことのある「そらのたび」が欲しいと言われていますが、それ以上に私がハマってしまい、「あ、ここ見て!」と子供を煽って全作品を揃える理由を作ろうとしてします。

    掲載日:2014/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • おならが・・・。

    小学生の姪っ子が大好きで、全シリーズを持っていると聞いていて、
    たまたま図書館で見かけたので借りてきました。

    最初はどうもバムとケロのキャラクターに馴染めず、
    「これ、ほんとに面白いのかな?」と思っていましたが、
    息子にせがまれて何度も何度も読み聞かせをしているうちに、
    どんどんその魅力にはまっていく絵本です。

    見開きにひとつの絵という普通の絵本のような描き方でないので、
    3歳の息子は、絵と文を一致させるのに最初苦労したようです。

    でも、だんだん慣れてくると、
    「かおをあらって」と文を読めばその絵を、
    「あつあつのスープで」の文を読めばその絵を指差すようになりました。
    こういう読み方もとても楽しいみたいです。

    いけでこおりついていたかいちゃんと一緒に、
    みんなでお風呂に入るシーンが息子は大好き。
    ケロちゃんがおならをしたシーンでは、大爆笑。

    他のシリーズもぜひチェックしてみたいです。

    掲載日:2013/11/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • かいちゃんがかわいい

    かわいい、かいちゃんが登場!
    星を見ていて凍ってしまったなんて!
    息子は何度も読んでいます。
    お風呂でケロちゃんがおならをしてしまって
    くさいくさいーと皆が駆け足でお風呂から出ていく場面が好きです。
    細かい部分まで見ていると本当に何度読んでも飽きませんね。

    掲載日:2012/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気に入らなかったようです

    私自身がバムケロ好きだったので、3歳になった息子にこちらを「はじめてのバムケロシリーズ」として買い与えてみましたが、気に入らなかったようです。
    それでも諦め切れなくて(笑)、後に「かばんうりのガラゴ」を買い与えたところ、そちらはすぐさま気に入って半年程経った今でも殿堂入り級に気に入っています。

    「バムとケロのさむいあさ」は、息子に言わせると『こわい』のだそうです。
    楽しくなかったのでしょうね。

    掲載日:2012/06/12

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「バムとケロのさむいあさ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / きんぎょがにげた / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / もこ もこもこ / おおきなかぶ / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


たたかえ!じんるいのために!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット