あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

バムとケロのさむいあさ」 9歳のお子さんに読んだ みんなの声

バムとケロのさむいあさ 作:島田 ゆか
出版社:文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1996年12月
ISBN:9784894231580
評価スコア 4.81
評価ランキング 214
みんなの声 総数 356
  • この絵本のレビューを書く

9歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 親子で協議の結果、購入しました

     バムとケロのカレンダーを買った年に、息子に非難されました。
     「この絵の絵本を読んでいない」って。
     そうか、そうだったな〜と、反省し早速借りてきました。
     買うには、息子が大きく成り過ぎていましたから。

     帰宅後見つけた息子は、一人で「ヒヒヒヒ〜」と笑い読んでいました。
     そんなお年頃でもないのに、夜ベッドへ持って行ったのを見て、『大人でも夢中になる魅力的なシリーズだものな〜』と思いました。

     なんとも楽しそうな二人(二匹?)の生活。
     ギンガムチェックのブランケットも、食器も。庭の玉柘植も。

     さて、寒い朝に二人はスケート靴と釣り道具を持って、池へ。

     アヒルが池と一緒に凍り付いていた
     で、はは爆笑。
     かいちゃん可愛い〜!
     かいちゃん救出後のケロちゃんのお風呂での粗相に、プッ。
     ありゃ、シャレのつもりじゃありません。
     読んでいるこどもたちが羨むようなおもちゃがたくさん。
     バムちゃんはお片づけの運命。
     ケロちゃんは、やりたい放題の蛙君。
     やっぱり、どうしてこの二人が仲良しか悩んでしまう(笑)。
     
     ミイラごっこのページで笑わない親子はいないと思います。
     ラストにも、やっぱり今回も笑ってしまいました。

     親子で協議の結果、購入しました。
     まだ見ぬ孫よ、読んでくれ!

    掲載日:2010/02/27

    参考になりました
    感謝
    3
  • 大〜好き

    • イザリウオさん
    • 30代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子8歳、男の子6歳

    バムとケロちゃん、特にケロちゃんのわがままが可愛くて、バムはいつも苦い顔をしながらも温かく見守っている姿もまた、すごくほほえましくて、二人ともだ〜いすき。
    氷の張る季節になると、誰からともなくこの絵本を読む機会が多くなります。
    以前からあったのですが、今年初めて先日読んだら、あんまり子供たちが笑うので、レビューを書きたくなりました。
    どこが面白いかって?もちろん、ケロちゃんがおふろで「ぷく、ぷくっ」とおならをするところ。
    絵本でこんなに楽しい気分になれるなんて、すごく得した気分になりましたし、絵本ってすごいなあと思いました。

    掲載日:2009/01/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • かいちゃん!またなの〜!?

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子9歳

    娘も、島田ゆかさんの魅力にはまったようです。
    今頃?というか・・・
    私が、この手の絵を敬遠してたせいなのですが(><;)

    私が知らない間に、なんども読んだようで、
    私が「読んであげる。」というころには、
    「え〜!もう、何回も読んだよぅ〜。」
    と言われてしまいました。
    「私、まだ読んでないから、聞いてよ。」
    と、半ば強引に聞いてもらいました。(^^;)

    島田ゆかさんの絵本は、とにかく絵が細かいです。
    丁寧というか、とっても細部まで、作者のこだわりが出ています。
    そして、それぞれの登場人物が、お話しとは別に、
    生き生きと、絵本の中を所狭しと動き回っています。
    ひとりひとりを追っていくと、そこにもストーリーが。
    そう、サイドストーリーも、面白い。

    近くに住むねずみさんが、熱いお湯の入ったやかんを、
    持って来てくれるのですが、やかんの熱さで、氷が解けて、
    やかんが沈んでしまうんです。
    小さい絵なので、よ〜く見ないとわからないです。
    絵本の隅々に、こんな遊びがいっぱいです。

    ちっちゃい犬や、おじぎちゃん(?)にスポットをあてて、
    読んでみるのも面白いですよ。

    もちろん、バムもケロも大活躍。
    みな、愛すべきキャラクターたちです。
    ちなみに、娘は、かいちゃんが気に入ったようです。
    とぼけたキャラがいいのかな?
    最後のオチで、大笑いだもの。
    私は、ケロちゃんのトイレットペーパーのミイラごっこがすごい!
    と驚きました。

    掲載日:2009/12/01

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「バムとケロのさむいあさ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / きんぎょがにげた / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / もこ もこもこ / おおきなかぶ / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


風変りで美しい表現方法がたくさん!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット