あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

のにっき−野日記−」 大人が読んだ みんなの声

のにっき−野日記− 作・絵:近藤 薫美子
出版社:アリス館 アリス館の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1998年
ISBN:9784752001089
評価スコア 4.15
評価ランキング 17,086
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

大人が読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 野の日記

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    テーマは食物連鎖でしょうか・・・・
    ページをめくると、いきなりいたち子を残して親が死にます
    腐敗が始まると同時に、森の生き物が集まってきます
    それは、小動物だったり、昆虫だったり・・・・

    昆虫たちの吹き出しセリフ以外は、作者は裏にしかコメントを載せていません

    発刊当初はかなりの賛否両論があったそうですね
    のにっき→野の日記として納得です
    これが自然界に起きている事実だと思います

    掲載日:2011/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素晴らしい自然界の「命」の描写

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子17歳

    小学4年生のブックトークのテーマ「命」で紹介されていた1冊。

    以前に見ていたので、なるほど・・・と感心。

    文字がなく、説明されないところに、この絵本のすごさがあると思います。

    残酷なようですが、自然界の様子そのままで、「命」の連鎖を考えるのにとてもいいように思います。

    細部まで、植物・昆虫・動物の描写に感心してしまいます。

    掲載日:2009/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自然界

    野で死んでしまったイタチを描いたお話です。

    文章がなく、絵日記といった感じでしょうか。
    イタチの死をありのままに描いているので、見て感じるものが大きかったのが印象的でした。

    残酷さがありますが、自然界を垣間見れる一冊だと思います☆

    掲載日:2008/06/23

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「のにっき−野日記−」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / いないいないばあ / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / くまのコールテンくん / 3びきのかわいいオオカミ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.15)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット