十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

せかいいちうつくしい村へかえる」 8歳のお子さんに読んだ みんなの声

せかいいちうつくしい村へかえる 作・絵:小林 豊
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2003年8月
ISBN:9784591078051
評価スコア 4.77
評価ランキング 541
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

8歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 親友のヤモに会えてよかった

     私は、ミラドーと親友のヤモが会えて、よかったなあと思いました。
    でも、ざんねんなことに、ミラドーがだいじにしていたお父さんのふえに、ひびが入って、とうとう音が出なくなってしまいました。

     私は、ミラドーは、強くてりっぱだな、と思いました。
    ミラドーは、パグマン村がせんそうでやけてしまったことを知りません。
    ミラドーは、雨の日も、すなあらしの日もたびを続けていました。
     それで、パグマン村にやっと帰ってきて、ミラドーは村の中をはしからはしまで歩いて、ヤモをさがしました。
    もうミラドーはおなかがすいてて、へとへとだったけど、それでもあきらめずに、親友のヤモをさがしに歩いているところがすごいと思いました。

    掲載日:2012/02/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • 春を待つ喜び

     ミラドーもヤモのことも、まるで自分自身の友人のように語る娘。
    パグマン村のことも、ふるさとのように感じているようです。

     「パグマン村の絵本」、3作が、これほどまでに娘の心を惹きつけるのはなぜなのでしょう?
    パグマン村の美しさ、子どもたちや子羊の生命力・・・。
    戦争の悲惨さだけを強調して、子どもに無理矢理伝えようとはしていないからこそ、逆に心に強く残るものがあるのではないかなと思います。

     春を待つ喜びに満ちたエンディングに、私も娘も希望をいっぱい分けてもらった気がします。

    掲載日:2012/02/15

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「せかいいちうつくしい村へかえる」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / バムとケロのにちようび / 100万回生きたねこ / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / はらぺこあおむし / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『コウノトリのコウちゃん』かこさんインタビュー&コウノトリの里、越前市レポート

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.77)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット