アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

デイビッドがやっちゃった!」 5歳のお子さんに読んだ みんなの声

デイビッドがやっちゃった! 作・絵:デイビッド・シャノン
訳:小川 仁央
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2004年11月
ISBN:9784566007987
評価スコア 4.53
評価ランキング 5,117
みんなの声 総数 67
  • この絵本のレビューを書く

5歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大好きなシリーズです!

    だめよデイビッドを読んで以来、ずっと大好きなシリーズです。
    親子で何度も読みました。
    今回のこちらもすごくいいですね。
    デイビッドの言い訳が子供らしくてかわいいです。
    そして寝る前のところ。じーんとしました。
    ちなみに子供たちはパンツ姿のデイビッドが好きみたいです。

    掲載日:2017/05/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 安心感って大切なんだな・・・。

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子10歳、女の子5歳

    「だめよ」に引き続きデイビッド第二冊目。
    「だめよ」で、デイビッドの悪さはしっかりと織り込み済みの私たちですが、
    や〜出てくる出てくる。

    次から次に繰り広げられる「やっちゃった」のどれかは、
    息子(10)のようだったり、娘(5)のようだったり。

    我が家のデイビッドこと10歳の息子が、
    さすがにこれはないわ!と
    大笑いする「やっちゃった」もありましたが、

    どにかくどんなことを「やっちゃって」も、
    最後は涙を流すことになっても、
    お母さんが優しく撫でてくれる。

    その安心感って本当に子供にとって大事なんだなと
    最後は私の方が教えられたジーンの一冊です。

    「やっちゃった」はできるだけない方が、有りがたいけど・・・。
    でも「やっちゃった」数だけ、いっぱい甘えて、撫で撫でしてもらって、
    そしていつかお父さんお母さんになったときに、
    同じように子供に甘えさせてあげられる大人になっていてほしい。
    そんなことまで考えさせられる一冊です。

    掲載日:2017/04/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • これは腹たつわ〜

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    わざとじゃないもん、しっつれいしました〜。
    やんちゃで憎らしくて、それでもやっぱりかわいい〜というちいさかったデイビッドが成長し、本当にめんどくさいやんちゃ坊主になってしまったバージョンです。
    あかん…これは、本当に腹がたつ。っていうシーンばかりで、親子で閉口してしまいました。

    掲載日:2017/04/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ごめんなさいがいえた

    • サマさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子7歳、女の子5歳

    娘が幼稚園で借りてきました。お気に入りの「デイビット」シリーズ。
    今回もいろいろやっちゃいます。そして数々の言い訳。わが子を見ているようです。
    私には何か意味がわからないシーンもありましたが、娘なりに解釈できているようで、説明してくれました。
    ひらがなカタカナを読めるようになったので自分で読むのにちょうどいいボリュームです。
    わが子は、ズボンを履かずに出かけていたのが一番面白いといっています。

    そして最後にはちゃんと「ごめんなさい」が言えました。良かった。
    ここだけは見習ってほしいわ。

    でも毎回デイビット。子供らしくて可愛いです。

    掲載日:2015/05/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 言い訳がいっぱい

    こちらの評価が高かったので、図書館で私が選びました。「デイビッドシリーズ」を読むのはこの絵本が初めてなのですが、とても面白かったです。次から次へと出てくるデイビッドの言い訳。大人から見ればすぐばれちゃうのに、子供ってそんな言い訳すぐしますよね。5歳の長女は、デイビッドにつっこみまくっていました。

    でも最後にちゃんと素直に謝れるとこがとっても愛しいなと思いました。文字数が少ないので3歳次女もとても楽しんで笑っていました。

    掲載日:2013/03/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • またまたやってくれてます

    シリーズ第三作目でしょうか。
    イタズラ?デイビットのお話です。
    わざとじゃないもん・・・・確かにそうでしょうが
    気をつけたら、そうならないのよって
    言いたくなりますね。
    子供にもこの先どうなるかな?なんて
    いいながら読みました。
    男の子って先先は読めないから
    仕方ないのかなあと、三作読んで思いました(笑)

    掲載日:2009/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ママは、ちゃんとわかっているよ!

     原書のタイトルは、“David Gets in Trouble”。一作目ほどのインパクトはなかったけれど、じわじわっと、よさがわかってくる作品でした。それは、デイビッド(子ども)の気持ちが、ずしん、ずしんと、心を打つように伝わってくるからでしょうか。さらっと読めば、ああ、おもしろかったね、で終わってしまいそうですが、1回1回、デイビッドが何かやってしまうたびに、本当はこんなことを言いたかったんだろうな、とか、こんなふうに思っていたのかもしれないな、と思うと、子どもの心に寄り添う気持ちが芽生えてきます。

     娘も、デイビッドが大好き。言い訳にも大いに共感しながら(?)笑っています。一作目では、すっぽんぽんで道路に飛び出して行ってしまうデイビッドに大笑いしていた娘でしたが、今回も、1番受けていたのは、デイビッドがズボンをはかずに学校に出かけてしまう場面! 堂々と胸を張って歩くデイビッドの姿と、後ろからズボンをもって追いかけてくるお母さんの格好が、たまらなく可笑しくて、娘は、毎回、
    「ねえ、お母さん、何て言ってるの〜?!」と、私の口からお母さんのセリフを聞きたがります。

     でも、最後は、やっぱり“I love you mom.”の一言で、ほろり。
    (前作では、お母さんからデイビッドに、”Yes David … I love you !”) 本を読んだ後は必ず、娘も私の腕の中でデイビッドのように目を閉じ、しあわせいっぱいの笑みを浮かべます。本当に親子でしあわせになれる絵本です!

     “No David!”と同様、1度ですぐに自分で読めるようになって、まだ1ヶ月前から英語の読み書きを習い始めたばかりの娘に自信を与えてくれましたが、単に読み書きだけでなく、「ありのままでいいんだ」という自信にもつながっているように思えて、今朝も、学校に行く前に、1人でげらげら笑いながら読んでいる娘の背中を見ながら、なんだか微笑ましい気持ちになりました。

     そして、たとえ素直に謝れないときにも、「ママはちゃんとわかっているから、だいじょうぶだよ」というメッセージも感じ取ってくれたらうれしいな、と思います。

    掲載日:2009/03/08

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「デイビッドがやっちゃった!」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / ねないこ だれだ / だるまさんが / はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(67人)

絵本の評価(4.53)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット