おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…

かげぼうし 新装版」 4歳のお子さんに読んだ みんなの声

かげぼうし 新装版 作・絵:安野 光雅
出版社:冨山房 冨山房の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2002年
ISBN:9784572003713
評価スコア 4.41
評価ランキング 8,561
みんなの声 総数 26
「かげぼうし 新装版」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

4歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 謎の一言

    • 10月さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子4歳

    左のページはおなじみアンデルセンの「マッチ売りの少女」
    右のページは切り絵でモノトーンの「影の国」

    別々かと思われた二つのお話(世界)がクロスして・・??

    アンデルセンの「マッチ売りの少女」もまだ知らない
    4歳の息子にはまだ難しかったかも。

    大人の私もまた、さいごの一言が謎で心に残っています。

    「あれ、おうさまのおっしゃるのは、ほんとうかな。」

    ・・これの意味するところは??
    喋っているのは水晶をもった魔女のような人。
    初めはカラーで、さいごのつぶやきのところは影になっています。

    それとマッチ売りの少女と影の国の見張り番が結婚する・・・
    という展開も意外でした。

    切りえの表現がすごいです。
    黒と白だけでこんなにも表現できちゃうんですね。

    読み終わった息子はもう一度表紙を見て、
    雪の積もる町の絵をじっとみていました。
    「雪ってきれいで面白いね。雪ってどうして溶けるんだろ。今度の冬も
    ゆきだるまつくれるといいね。」
    ・・となぜか雪景色に惹かれたもよう。

    親子でそれぞれ違う謎に包まれ、違う余韻にひたって居ました・・笑。
    まぁ、それもアリですよね。

    ふしぎで、懐の深い絵本。

    掲載日:2009/10/06

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「かげぼうし 新装版」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / がたん ごとん がたん ごとん / ねないこ だれだ / だるまさんが / よるくま

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『てのりにんじゃ』山田マチさん 北村裕花さん インタビュー

みんなの声(26人)

絵本の評価(4.41)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット